コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フス派戦争(読み)フスはせんそう

百科事典マイペディアの解説

フス派戦争【フスはせんそう】

ボヘミアの宗教改革者フスの処刑(1415年)後,1419年その信奉者(フシーテン)がローマ教会や神聖ローマ皇帝ジギスムントの弾圧に抗議して起こした反乱。カトリック・ドイツ的な支配に抗するチェコ人の民族運動も関わっている。教皇の命で皇帝が組織した十字軍はフス派軍に敗北しつづけた。フス派には急進的なタボル派と都市貴族らを中心とする穏健なウトラキスト派があったが,1433年バーゼル公会議は穏健派に妥協する方向に動き,フス派は分裂,1436年穏健派の主張が承認され,終結した。
→関連項目オーストリア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フスはせんそう【フス派戦争】

ボヘミアのフス派教徒の反乱(1419‐36)。宗教改革者フスが1415年にコンスタンツで処刑されたのち,ボヘミア全土は教会改革の波に洗われた。19年7月,プラハで急進的な司祭ジェリフスキーに率いられたフス派の示威行進が行われたさい,彼らは市庁舎を襲い,市参事会議員,聖職者らを庁舎の窓から放り出した。国王バーツラフ4世はこの事件に衝撃を受け,卒中で死亡。ハプスブルク家の皇帝ジギスムントが跡を継ぐが,フスの焚刑を彼の責任とするフス派は,彼の即位を認めなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフス派戦争の言及

【チェコ】より

…ドイツ化の勢いはやがて民族的反動を引き起こす原因となった。 ドイツ化に対するチェコ人の反撃は,カレル大学の総長であったフスの宗教改革,それに続くフス派戦争(1419‐36)で一挙に噴き出した。中世後期の異端運動の流れをくむフスは,国王の厚い保護を受けて所領を拡大し,悪弊にひたるカトリック聖職者を攻撃し,免罪符の販売に反対してプラハ大司教と衝突したためにローマ教皇から破門され,1415年に異端の罪によりコンスタンツで火刑に処せられた。…

※「フス派戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android