コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタオチョウ(双尾蝶) フタオチョウ Polyura eudamippus

1件 の用語解説(フタオチョウ(双尾蝶)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フタオチョウ【フタオチョウ(双尾蝶) Polyura eudamippus】

鱗翅目タテハチョウ科の昆虫。インド北部からマレー半島,中国西部などに分布し,日本では沖縄本島中部以北の特産。やや大型のチョウで開張は7~8cm。和名は後翅に2本の尾状突起があることによる。翅は淡黄色の地に黒い斑紋があり,裏面には銀白色の光沢があって美しい。雌は雄よりやや大型,翅が丸みを帯びる。3月末から4月にかけて越冬さなぎが羽化し,さらに6~7月,9~10月と年3回発生するが,年2回の場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フタオチョウ(双尾蝶)の関連キーワード孔雀蝶木の葉蝶胡麻斑蝶蛇の目蝶白蝶豹紋蝶小緋威小紫蝶蛺蝶擬蛺蝶

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone