コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラウンホーファー フラウンホーファーFraunhofer, Joseph von

5件 の用語解説(フラウンホーファーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラウンホーファー
フラウンホーファー
Fraunhofer, Joseph von

[生]1787.3.6. バイエルン,シュトラウビンク
[没]1826.6.7. ミュンヘン
ドイツ物理学者,光学器機技術者。ガラス職人の家に生れ,ガラスの性質を研究,すぐれた光学器機を製作した。色消しレンズの製造を得意とし,また初めて回折格子によって回折現象を観測した。 1814年自作のプリズムを使って太陽スペクトル中に多くの暗線を見出し,AからGまでの記号をつけ (フラウンホーファー線 ) ,それらの波長を測定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フラウンホーファー

ドイツの物理学者。ガラスみがきの徒弟からレンズ望遠鏡製作者となり,1823年ミュンヘン大学教授。1814年太陽スペクトルに暗線(フラウンホーファー線)を発見,1819年初めて回折格子による回折現象を研究,光の波長を測定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フラウンホーファー【Joseph von Fraunhofer】

1787‐1826
ドイツの物理学者。最初父のガラス工場に入ったが,父の死後はミュンヘンの鏡製作とガラス切断を行う工場で年季奉公をした。1806年にミュンヘンの科学装置製作会社に職人として入り,ここで光学や数学の専門知識を修得,大口径レンズ製作のための技術改良を行うなどして,11年から共同経営者となった。14年には,ガラスの光学定数をより精密に決める研究中に,太陽光スペクトル中に明瞭な暗線(フラウンホーファー線)を発見した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フラウンホーファー【Joseph von Fraunhofer】

1787~1826) ドイツの物理学者。フラウンホーファー線を発見。また、ガラスの回折格子を用いて回折現象を研究。光の波長を測定した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラウンホーファー
ふらうんほーふぁー
Joseph von Fraunhofer
(1787―1826)

ドイツの物理学者。バイエルンのシュトラウビングに貧しいガラス職人の子として生まれ、幼少のころからガラス磨きを手伝った。1798年両親を失い、ミュンヘンの鏡製造工場に年季奉公に出たが、ニグルJosef NigglとウチュナイダーJoseph von Utzschneider(1763―1840)にみいだされ、1806年彼らが創設した光学研究所に職人として入った。すでにガラス研摩に熟練していたフラウンホーファーは、スイスのガラス研究家ギナンPierre Louis Guinand(1748―1824)の指導で光学ガラス溶融の技術を習得し、1811年以降は研究所の指導にあたり、精密な光学装置の製作に貢献した。
 脈裏のない光学ガラスの製作を可能にし、レンズ計算に初めて三角追跡法を適用した。また精度の高い色消しレンズ製作のために、特定の色に対するガラスの屈折率を測定中、灯油ランプのスペクトルに輝線を発見した。1814年には太陽スペクトル中に暗線(フラウンホーファー線)を発見し、暗線が屈折率や波長測定の基準に使えることを示唆した。のちに回折格子を製作し、実際に波長の測定を行い、1821年と1823年に論文を発表した。当時の光の粒子説・波動説の論争のなかでは、彼の業績は注目されず、ブンゼン、キルヒホッフの時代まで持ち越された。優れた光学機器製作者として、天文台の屈折望遠鏡や太陽観測儀の製作にあたった。ガラス吹きがもとで呼吸器障害をおこし、39歳で死去した。[高橋智子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフラウンホーファーの言及

【赤道儀】より

…ある天体を捕捉(ほそく)したら,赤緯軸は固定し,極軸だけを地球の自転速度と等速に東から西回りに回転すれば,望遠鏡はその天体を追尾して,長時間にわたる観測が可能となる。赤道儀の原理は,1629年にC.シャイナーが初めて太陽観測に使用し,1825年,J.vonフラウンホーファーがドルパト天文台に建設したものでほぼ完成の域に達した。【冨田 弘一郎】。…

【天体物理学】より

…宇宙物理学とほぼ同義。19世紀初めにドイツのJ.vonフラウンホーファーが太陽スペクトル中に多数の吸収線を認めたのをはじめとし,19世紀後半から今世紀にかけて発達し,とくに量子力学の発展とともに非常に内容の豊かな学問となった。以前は,天体観測はほとんど可視光,あるいは写真紫外域の観測に限られていたが,第2次世界大戦後電波技術が応用されて電波天文学が発達し,次いでロケットや人工衛星などを利用した大気圏外観測でγ線,X線から可視光,赤外,電波のほとんどすべての波長域で観測が行われるようになった。…

【天文学】より

…また分光学がとり入れられたのも顕著なできごとであった。19世紀初めにドイツのJ.vonフラウンホーファーは太陽スペクトルの中に数百の暗線を認めたが,やがてこれらの暗線が太陽上層部の特定物質によることが推定されるようになった。こうして分光学の助けによって太陽をはじめとする恒星の物理的性質を研究する道が開けたのであり,1850年代のころから天体物理学の分野が急速に発達するようになった。…

※「フラウンホーファー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

フラウンホーファーの関連キーワード寛政の改革寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲緑色岩森羅万象アメリカ合衆国憲法合衆国憲法修正第2条二宮金次郎(尊徳)朝日新聞・全国自治体議会アンケート

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フラウンホーファーの関連情報