コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脈理 みゃくり

大辞林 第三版の解説

みゃくり【脈理】

ガラス製品の欠陥の一。組成の異なったガラス質が混入することでガラスのある部分の屈折率が周囲の正常な屈折率と異なっている現象。すじ。
物事のつながり。筋道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

脈理【みゃくり】

〈すじ〉とも。ガラス製品の欠陥の一種で,細線状,縞(しま)状,帯状などとなってガラス中に存在する不均質な部分。原料の混合不足,溶融温度調整の失敗,耐火物の侵食,徐冷時の不均等冷却などが原因。
→関連項目ガラスクリスタルガラス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みゃくり【脈理 cord】

〈すじ〉ともいい,ガラス製品の欠陥(欠点と呼ぶ)の一種。ガラス中のある部分の屈折率が,周囲の正常な屈折率からずれているために区別できるもので,組成の異なったガラス質が混入している現象である。脈理の原因としては,原料の混合不良,ガラス融解時における表面からの揮発成分の蒸発による組成変動,耐火物がガラス中に溶解すること,などが考えられる。屈折率変化がわずか0.0002程度でも肉眼で見分けられるが,化学組成にすると1%以下の変動によっても生ずるものなので,原因の究明が困難な場合もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

脈理の関連キーワードシュリーレン法光学ガラス双子葉植物岡田呉陽葉脈知能