コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラマン語 フラマンご Flemish language

5件 の用語解説(フラマン語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラマン語
フラマンご
Flemish language

フレミア語ともいい,広義ではベルギーの北部で行われる公用の標準語と諸方言を,狭義ではベルギーのフランドル地方とそれに隣接するフランスの一部に行われる方言をさす。広義のフラマン語の標準語はオランダ語の標準語と一致する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フラマン語【フラマンご】

インド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語派ゲルマン語派)に属する言語。ベルギーの北部フランドル地方に話され,南部のフランス語とともにベルギーの公用語。書き言葉オランダ語とほとんど同じである。
→関連項目フラマンフランスベルギーワロン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フラマンご【フラマン語 Flemish】

ベルギー王国の北半分で話されるオランダ語の通称。ベルギーにおけるフランス語と並ぶ公用語であり,約550万人(1977)により使用される。このようにベルギーにおいては,二つの公用語が存在するが,フラマン語を用いる北部のゲルマン系のフラマン人と,南部のフランス語を用いるラテン系のワロン人の間には言語的対立が続いている。 フラマン語は,1581年の独立戦争の結果南北に分離したネーデルラントの南部のオランダ語にその源をもち,19世紀前半からのフラマン語擁護運動を経て,19世紀後半にベルギーの公用語として認められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フラマンご【フラマン語】

インド-ヨーロッパ語族ゲルマン語派に属するオランダ語の一方言。ベルギー王国の北部の公用語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラマン語
ふらまんご

独立した言語ではなく、オランダ語の方言群の名称である。ベルギー北部(フランドル地方)で使用されているオランダ語の諸方言の独自性を強調するため、とくにこうよぶ。言語学的に意義のある分類だが、一般にはオランダのオランダ語およびベルギー南部のフランス語(ワロン語Walloon)に対比させた民族的、社会的概念として使われることが多い。話者(フラマン人とよばれる)は約600万人いるが、その方言群の存在が公認されているわけではなく、ベルギーの公用語となっているのは標準オランダ語である。フラマン語に属する方言で書かれた刊行物もあるが、それは一部地域住民の郷土愛の産物であって部数は少ない。[桜井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフラマン語の言及

【オランダ語】より

…ここで,ネーデルラントの北部と南部は分離し,政治・文化の中心は北部に移り,南部のオランダ語は北部とは別の道を歩むことになった。今日のベルギー北部を中心に行われるこの南部のオランダ語はフラマン語とも呼ばれる。 独立後の北部は,政治・経済の隆盛と並んで文化的にも黄金時代を迎え,言語の面では劇作家J.フォンデルなどの用いたアムステルダムを中心とするホラント方言が優位を占めたが,北部の文語は,自由を求めて南部から北部に移住した多くの詩人や作家により,南部方言の影響を強く受けたものであった。…

【言語政策】より

… スイスのようにドイツ語,フランス語,イタリア語それにレト・ロマン語が公用語として比較的うまく共存している例もあるが,ベルギーではラテン系のワロン人とゲルマン系のフラマン人の間ですさまじい言語戦争が展開されている。ワロン人は人口の44%を占めフランス語を常用しているのに対し,フラマン人は55%の多数でオランダ語から派生したフラマン語を使っている。1831年の独立当初はフランス語を公用語に決めたが,フラマン人の猛烈な抵抗運動の末,フラマン語も公認されるにいたった。…

【ベルギー】より

…正式名称=ベルギー王国Koninkrijk België∥Royaume de Belgique∥Kingdom of Belgium面積=3万0528km2人口(1996)=1018万人首都=ブリュッセルBruxelles(日本との時差=-8時間)主要言語=フラマン語(オランダ語),ワロン語(フランス語)通貨=ベルギー・フランBelgian francヨーロッパ北西部にある立憲君主国。北はオランダ,東はドイツ,南東はルクセンブルク,南はフランスと境を接し,西は北海に面して65.5kmの海岸線を形づくりイギリスに対する。…

※「フラマン語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フラマン語の関連キーワードオランダ語ベルギーダッチブラバント白耳義オランダの犯罪ベルギー王立歌劇場管弦楽団マース[川]ベルギーの言語圏ベルギー独立戦争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フラマン語の関連情報