フラン(読み)ふらん(英語表記)furan

翻訳|furan

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラン(複素環式化合物)
ふらん
furan

環内に酸素原子1個をもつ複素環式化合物の一つ。フルフランともいう。環状6π(パイ)電子系をもつので弱い芳香族性がある。松脂(まつやに)の乾留により得られるタール中に存在する。2-フランカルボン酸を脱炭酸するか、フルフラールを水酸化アルカリとともに溶融すると得られる。クロロホルムに似た特有のにおいをもつ無色の揮発性が強い液体。水には溶けないが、エタノール(エチルアルコール)、エーテルにはよく溶ける。アルカリに対しては安定であるが、酸には不安定で重合をおこし樹脂化する。ジエンの性質があり、ディールス‐アルダー反応を行う。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランの関連情報