コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリシンゲン フリシンゲン Vlissingen

4件 の用語解説(フリシンゲンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリシンゲン
フリシンゲン
Vlissingen

オランダ南西部,ゼーラント州港湾都市オランダ南西端に近い西スヘルデ湾 (スヘルデ川三角江) の湾口に位置する。中世に北海ニシン漁を中心に発達。第2次世界大戦および 1953年の浸水で多大の被害を受けたが,商港,漁港,海軍基地として復興。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フリシンゲン

オランダ南西部,ゼーラント州のワルヘレン島南岸にある港湾都市。英国,ベルギーとの間に定期航路が開ける。造船,機械工業が行われ,商船学校がある。4万5000人(2006)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フリシンゲン【Vlissingen】

オランダ,ゼーラント州の都市。人口4万5726(1980)。スヘルデ川の河口,ワルヘレン島の南岸にある港湾・工業都市。造船業の歴史は古く,現在でも市の最大の工業となっている。また漁港としての機能も重要であり,高等商船学校がある。都市として成立したのは1315年で,オランダ独立戦争中は海軍の基地となり,17世紀には海運,貿易が盛んとなった。18世紀に入るとオランダの奴隷貿易の基地ともなった。【佐藤 弘幸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリシンゲン
ふりしんげん
Vlissingen

オランダ南西部、ゼーラント州にある港湾都市。英語名フラッシングFlushing。人口4万4776(2001)。スケルデ川河口のデルタ地帯にあるワルヘレンWalcheren島南端に位置し、ウェスタ・スケルデ川に臨んで石油精製、化学、鉄鋼などの工業が発達、東部にはオランダ最初の原子力発電所も立地する。ニシン漁港およびスケルデ川上流のアントウェルペンへの門戸として古くから発展し、1247年に都市権を獲得、1572年にはスペインへ反旗を翻してオランダ独立への道を開いた。造船所の建設された1875年以降は工業港、商港、またイギリスへの連絡港ともなり、第二次世界大戦中の1944年には連合軍が上陸して、ドイツ軍から町を奪回した。市内には1308年建立の聖ヤコブ教会、1733年の市庁舎などがあり、市立博物館にはこの町の出身者デ・ロイテル提督にちなむ収蔵品が多い。オランダ海軍基地、海水浴場としても知られる。[長谷川孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリシンゲンの関連キーワードゴーダティルブルフデルフトホラントライデンオランダ渡りミッデルブルフワッセナーヒルベルスムゼーラント[島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone