コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルフラール フルフラール furfural

5件 の用語解説(フルフラールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルフラール
フルフラール
furfural

2-フリルアルデヒドのこと。ある種の精油中に含まれているペントースを脱水して得られる。工業的にはペントサンを含む植物体,たとえば麦わらなどを加圧下で水蒸気を作用させたり,希硫酸または希塩酸と処理することによって得られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フルフラール

フラン環をもつアルデヒドC5H4O2。特有のにおいのある無色の液体。融点−38.7℃,沸点161.7℃。水に可溶,エタノールに易溶。もみ殻,麦わらなどを加圧水蒸気で処理して得る。
→関連項目フラン(化学)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

フルフラール

 C5H4O2(mw96.09).

 ペントースの脱水で生成する物質.化学工業の原料,溶媒などに使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フルフラール【furfural】

フラン環をもつアルデヒドで,α‐フランアルデヒドに相当する。フルフルアルデヒドともいう。特有なにおいをもつ無色の液体。融点-38.7℃,沸点161.7℃。放置するとしだいに褐色になり,かつ樹脂化する。自然界には各種の植物精油,たとえば丁字油等に微量含まれる。ペントースの加水分解で得られ,工業的にはペントサン(ペントースを含む多糖類)を含む植物体(エンバクの麦稈(むぎから)など)を加水分解してつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルフラール
ふるふらーる
furfural

複素環式アルデヒドの一つ。2-フランカルバルデヒド、α(アルファ)-フルアルデヒドなどともよばれる。フーゼル油をはじめ、いくつかの精油中に含まれている。
 ペントースの脱水により生成し、工業的にはトウモロコシの穂軸、エンバクの籾殻(もみがら)を、希硫酸と加熱しながら蒸留するなどの方法により得ている。特異なにおいをもつ無色油状の液体。水に溶け、エタノール(エチルアルコール)、エーテルとも任意の割合で混じり合う。空気中に放置すると、酸化されて黄褐色の樹脂状物質になる。工業的にはフェノール・フラン樹脂の原料、石油化学用溶剤、テトラヒドロフランなどの原料、殺虫剤などに用いられる。急性毒性としては酔い・頭痛などの症状があり、慢性毒性としては肝臓障害・変異原性が報告されている。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フルフラールの関連キーワードパラアルデヒドアルデヒド基CFPフランヒドロキシアルデヒドルフランルフランペリラアルデヒド芳香族アルデヒドマロンアルデヒドケイ皮アルデヒド(桂皮アルデヒド)α-フランアルデヒド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フルフラールの関連情報