コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルフラール フルフラールfurfural

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルフラール
furfural

2-フリルアルデヒドのこと。ある種の精油中に含まれているペントースを脱水して得られる。工業的にはペントサンを含む植物体,たとえば麦わらなどを加圧下で水蒸気を作用させたり,希硫酸または希塩酸と処理することによって得られる。6,6-ナイロン製造原料,フェノールフラン樹脂の原料,殺虫剤,抗カビ剤,抗菌剤などの製造原料,石油の脱硫溶剤,その他諸目的の溶剤として用いられる。特異臭のある無色の油状液体。アルデヒド基をもち,長時間放置すると酸化されて黄褐色から黒褐色となる。沸点 162℃。水,アルコールによく溶ける。大量に吸入すると頭痛を起し,中枢神経に作用するので,取扱いには注意を要する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フルフラール

フラン環をもつアルデヒドC5H4O2。特有のにおいのある無色の液体。融点−38.7℃,沸点161.7℃。水に可溶,エタノールに易溶。もみ殻,麦わらなどを加圧水蒸気で処理して得る。
→関連項目フラン(化学)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

フルフラール

 C5H4O2(mw96.09).

 ペントースの脱水で生成する物質.化学工業の原料,溶媒などに使われる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フルフラール【furfural】

フラン環をもつアルデヒドで,α‐フランアルデヒドに相当する。フルフルアルデヒドともいう。特有なにおいをもつ無色の液体。融点-38.7℃,沸点161.7℃。放置するとしだいに褐色になり,かつ樹脂化する。自然界には各種の植物精油,たとえば丁字油等に微量含まれる。ペントースの加水分解で得られ,工業的にはペントサン(ペントースを含む多糖類)を含む植物体(エンバク麦稈(むぎから)など)を加水分解してつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルフラール
ふるふらーる
furfural

複素環式アルデヒドの一つ。2-フランカルバルデヒド、α(アルファ)-フルアルデヒドなどともよばれる。フーゼル油をはじめ、いくつかの精油中に含まれている。
 ペントースの脱水により生成し、工業的にはトウモロコシの穂軸、エンバクの籾殻(もみがら)を、希硫酸と加熱しながら蒸留するなどの方法により得ている。特異なにおいをもつ無色油状の液体。水に溶け、エタノール(エチルアルコール)、エーテルとも任意の割合で混じり合う。空気中に放置すると、酸化されて黄褐色の樹脂状物質になる。工業的にはフェノール・フラン樹脂の原料、石油化学用溶剤、テトラヒドロフランなどの原料、殺虫剤などに用いられる。急性毒性としては酔い・頭痛などの症状があり、慢性毒性としては肝臓障害・変異原性が報告されている。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フルフラールの関連キーワードフルフラール(データノート)フラン(複素環式化合物)フルフリルアルコールカニッツァーロ反応フランカルボン酸フルフラール樹脂マルトールヘキソースフーゼル油ピロ粘液酸ほうじ茶木材糖化溶剤精製忌避剤木酢

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フルフラールの関連情報