コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フローラ ふろーら flora

翻訳|flora

6件 の用語解説(フローラの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

フローラ

植物相」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

フローラ

アサヒシューズが販売するカジュアルシューズ。

フローラ

イタリア、ルネサンスの画家ティツィアーノの絵画(1515)。原題《Flora》。花と豊穣の女神フローラと娼婦のフローラの両方の姿を描いたものとされる。初期の代表作の一つ。フィレンツェウフィツィ美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フローラ【Francesco Flora】

1891‐1962
イタリアの文芸評論家。B.クローチェの影響を受けて執筆した《ロマン派から未来派へ》(1921)を皮切りに著作活動に入る。ファシズム期には《ラ・クリティカ》誌の編集長を務め,反体制的姿勢により教職を追われる。1952年からボローニャ大学文学部教授。《20世紀の文化》(1934),《エルメティズモの詩》(1936),《現代詩学論考》(1949)などが主著であるが,《イタリア文学史》(全5巻。初版1940,増補改訂版1962)こそは彼の評論活動の集大成であり,F.デ・サンクティスに次ぐイタリア文学史の古典ともいうべき大著である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フローラ【flora】

植物相
体の特定の器官に生育する細菌の全種類。細菌叢さいきんそう。常在細菌叢。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フローラ
フローラ
Flora, Francesco

[生]1891.10.27. コッレサンニータ
[没]1962. ボローニャ
イタリアの批評家。雑誌『クリティカ』の編集主幹をつとめ,『近代文学』 Letteratura moderneを創刊。未来主義ダンヌンツィオの影響を受け,クローチェ理想主義的美学を根底にして,詩の音楽性や形式に重点をおいた批評活動を展開。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフローラの言及

【エルメティズモ】より

… しかしながら,このような解釈と方向づけは,ファシズムの時代に沈黙し,社会的責務を果たしえなかったイタリア現代詩の亀裂を,故意に隠蔽するものであるとして,クアジモドが激しく異議を唱えた。彼が主張するように,〈エルメティズモ〉の詩が初めて本格的に論じられたのは文学史家フローラの評論《ヘルメスの詩》(1936)においてであった。このなかで,フローラはウンガレッティの句読点なしの短詩型をもっぱら〈断片主義〉の詩法ととらえ,〈エルメティズモ〉の本流をむしろクアジモドの詩作のほうに認めようとした。…

※「フローラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フローラの関連キーワード小林秀雄ビバーチェイタリアンアルジェのイタリア人カフェベローチェCROCE高山毅寺岡峰夫文芸評論ナラ ジョイエ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フローラの関連情報