コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フード フードhood

翻訳|hood

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フード
hood

外衣に付属する頭巾型かぶりものの一種。防寒,防暑,防雨などのために原始時代から頭をおおう布や皮が使われていたが,ショールスカーフ形式,帽子形式,チャドリ形式の原型から徐々に発達し,中世では衣服の一部として用いられた。今日では儀礼用のもののほか,首に結びつける帽子形態のものも含めて一般にフードと総称する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フード(food)

食べ物。食品。「ファーストフード」「ペットフード

フード(hood)

頭から首をおおう頭巾(ずきん)風のゆったりしたかぶり物。コートやジャケットに取り付けたり、単独でかぶったりする。
機械や器具の覆い。
排気のために暖炉・レンジなどの上に設ける覆い。
カメラのレンズに不要な光線の入るのを防ぐため、レンズ前方に付ける器具。レンズフード。
自動車のボンネットのこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

フード

 レンズの先端に取り付けて、画角外からの光がレンズ前面にあたり、レンズ内部で乱反射をして、 フレア などが起きるのを防ぐ器具のこと。ズームレンズ用のフードでは、もっとも広角側に合わせて設計をしてあるから、望遠側ではまったく効果がなく、フレアが出ることもある。こういう場合には「ハレ切り」といって、黒紙や手などで斜め方向からレンズに入る光をカットするとフレアを防ぐことができる。なお、原語 hoodの発音は「フッド」に近いが、フードという名称で定着している。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

フード【food】

食べ物。食品。 「ドッグ--」

フード【hood】

ゆったりした頭巾風のかぶりもの。
機械や器具の覆い。
煙や臭気などを排出するために、ガス台の上に取り付けた天蓋てんがい形の装置。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フード
ふーど
hood

頭部と首をすっぽり覆う頭巾(ずきん)型のもの。後頭部の先は角張っているものや丸いもの、とがって垂れているものなどがある。柔らかい布地や毛皮などを用い、衣服に縫い付けてあったり、裁ち出したり、ボタンやファスナーで止め付けたりするもののほか、単独にあごの下で結んだり、肩まで覆ったりするものもある。レインコート、オーバーコート、パーカ、スノーウエアのフードは、本来は防雨、防寒、防風などが目的であるが、最近ではデザイン的要素が強いものも多い。原型はローマ時代のククルスcucullusとよばれる頭巾がマントについたバンドククルスや、ビッラにみられる。また、エスキモーのアノラックのように、北方では、もっとも基本的な被(かぶ)り物であった。11世紀ごろになって、旅の機会が多くなると、ヨーロッパの人々はフードを愛用した。これは、南方系のベールやターバンとは違い、首もとに沿って形づくられるという、北方系の特徴をもっていた。中世のシャプロン、カピュションなどは、その典型である。中世を通してフード付きの、マントや衣服は、農民や聖職者、学生などに用いられてきている。[浦上信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフードの言及

【帽子】より

…その発生の歴史は古く,種類も多様である。クラウン(山の部分)とブリム(つば)からなるハットhat,頭巾型のフードhood,つばのないキャップcap,ひさしがつきあごで結ぶボンネットbonnetなどが基本型といえよう(図)。
[古代]
 頭に何物かをかぶるという習慣は古くから発生していた。…

※「フード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フードの関連情報