コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブドウスカシバ ブドウスカシバ Paranthrene regale

3件 の用語解説(ブドウスカシバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブドウスカシバ
ブドウスカシバ
Paranthrene regale

鱗翅目スカシバガ科。前翅長 12~17mm。体は細長く,黒色の光沢ある鱗粉におおわれ,腹部に雌では3本,雄では4本の黄色鱗毛帯がある。腹端には鱗毛があり,雄では2束に分れる。触角は棍棒状。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブドウスカシバ

鱗翅(りんし)目スカシバガ科のガの1種。日本全土,朝鮮,中国に分布。開張32mm内外,前翅は褐色,後翅は透明。体は黒色で腹部には黄帯があり,ドロバチ類に似る。幼虫はブドウ類の茎に食い入る害虫だが,ブドウの虫と称し小鳥の飼料として珍重される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブドウスカシバ
ぶどうすかしば / 葡萄透翅蛾
[学]Paranthrene regalis

昆虫綱鱗翅(りんし)目スカシバガ科に属するガ。はねの開張30~35ミリ。はねは非常に細長く、前翅は赤褐色、外縁部は黒色、後翅は横脈上の短条と翅脈や縁毛を除き、透明。体は黒色、腹部には橙黄(とうこう)色帯がある。昼飛性のガで、体翅ともハチに似ており、脚(あし)は毛が生えて太いため、歩行する姿もハチを連想させる。5、6月に羽化するが、灯火には飛来しない。幼虫はブドウ、エビヅルなどの枝の中に潜って虫こぶをつくる。越冬中の老熟幼虫はブドウムシとかエビヅルノムシとよばれ、釣りの餌(えさ)として売られている。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブドウスカシバの関連キーワードシタバガ枯葉蛾小菜蛾透翅蛾蓑蛾葡萄蔓虫大透翅蛾雀蛾オオスカシバ(大透翅)ブドウスカシバ(葡萄透翅)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone