コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラック・カントリー ブラックカントリー

2件 の用語解説(ブラック・カントリーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ブラック・カントリー

英国,イングランド中央部,バーミンガムを中心とする産業革命以降発展した工業地帯をいう。重工業の中心で製鉄所,製鋼所などの黒煙が天をおおうところからこの名が生じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラック・カントリー
ぶらっくかんとりー
Black Country

イギリス、イングランド中部の工業地帯。バーミンガムの北郊から西郊にかけて連なる一続きの都市化・工業化地域の呼称で、ウェスト・ミッドランズ県に含まれる。「黒郷」と訳される。中心都市バーミンガムのほか、ウルバーハンプトン、ダドリーDudley(19万5900)、ウォルソル、ウェスト・ブロミッジWest Bromwich(14万5000)、ヘイルゾウエンHalesowen(5万8600)、スタウアブリッジStourbridge(5万6300)が主要都市(括弧(かっこ)内は人口、2002推計)。中世以来、金物や武器の製造地であったが、産業革命期に地元産出の石炭、鉄鉱、石灰、耐火粘土を原料に、製鉄業を中核とする鉄鋼・金属・機械工業地帯に変貌(へんぼう)した。工場の煙突から排出される黒煙が立ちこめ、「黒郷」の名でよばれるようになった。しかし1900年ごろから鉄鉱石が枯渇し、産炭量も減ったため製鉄業は衰微し、かわって蓄積した高い技術を生かせる多種多様な金属加工、輸送機械、家庭用電気器具などの工業が盛んになった。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラック・カントリーの関連キーワードイングランド銀行ノッティンガムバーミンガムリーズノッチンガムノッチンガム城バーミンガム会議バーミンガムサミットバーミンガム大聖堂レミントンスパ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラック・カントリーの関連情報