コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラッドリー ブラッドリー Bradley, Andrew Cecil

12件 の用語解説(ブラッドリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラッドリー
ブラッドリー
Bradley, Andrew Cecil

[生]1851.3.26. グロスターシャーチェルトナム
[没]1935.9.2. ロンドン
イギリスの文学研究者,批評家。 F.H.ブラッドリーの弟。オックスフォード大学で哲学を学び,のち英文学研究に転じ,リバプール大学の近代文学教授,グラスゴー大学の英語英文学教授,オックスフォード大学の詩学教授を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブラッドリー
ブラッドリー
Bradley, Francis Herbert

[生]1846.1.30. サーリー,クラファム
[没]1924.9.18. オックスフォード
イギリスの哲学者。オックスフォード大学に学び,1870年マートンカレッジの研究員となり,病弱のため生涯この地位にとどまった。ヘーゲルらのドイツ観念論の影響を受け,J.S.ミルの功利主義や功利主義的倫理学に反対した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブラッドリー
ブラッドリー
Bradley, Henry

[生]1845
[没]1923
イギリスの言語学者。『オックスフォード英語辞典』の編者の一人,のちにその主幹。著書に『英語の成立』 The Making of English (1904) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブラッドリー
ブラッドリー
Bradley, James

[生]1693.3. グロスターシャー,シャボーン
[没]1762.7.13. グロスターシャー,チャルフォード
イギリスの天文学者。オックスフォード大学で神学を学び,教区牧師となる (1719) 。叔父の指導によって天文学研究を始め,E.ハレーとも親交があった。ロイヤル・ソサエティ会員 (18) ,オックスフォード大学天文学教授 (21) ,グリニッジ天文台台長 (42) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブラッドリー
ブラッドリー
Bradley, Omar N(elson)

[生]1893.2.12. ミズーリクラーク
[没]1981.4.8. ニューヨーク
アメリカの陸軍軍人。ブラドレーとも表記される。 1915年陸軍士官学校卒業。第2次世界大戦では,師団長を経て,43年第2軍団長として北アフリカ作戦に従事,チュニジアを解放,さらにシチリア島に侵攻した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブラッドリー(Francis Herbert Bradley)

[1846~1924]英国の哲学者。新ヘーゲル主義の立場に立ち、経験論を批判して、純粋直感による絶対者の把握を説いた。著「現象と実在」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブラッドリー

英国の哲学者。英国におけるヘーゲル学派第一人者で,新理想主義を掲げて功利主義を批判した。著書《倫理研究》(1876年),《仮象と実在》(1893年)など。なお,弟のA.C.ブラッドリーAndrew Cecil B.〔1851-1935〕はシェークスピア研究で有名な文芸批評家。

ブラッドリー

英国の天文学者。初め神学者。1742年グリニッジ天文台長。1728年恒星の位置のずれを光行差として説明,1748年には恒星の視覚の年周期のわずかな変化を地軸の章動で説明した。
→関連項目光行差

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブラッドリー【Andrew Cecil Bradley】

1851‐1935
イギリスの学者,批評家。とくにシェークスピア研究で有名。オックスフォード大学卒業後,リバプール,グラスゴーの大学を経て,母校の詩学教授(1901‐06)となる。この間の講義をもとに《シェークスピアの悲劇》(1904),《オックスフォード詩学講義》(1909)を発表。前者は,シェークスピアの四大悲劇を中心にした精細な鑑賞批評であり,登場人物の性格分析において傑出している。19世紀のロマン主義的な批評の到達しえた最高の水準というべきであろう。

ブラッドリー【Francis Herbert Bradley】

1846‐1924
イギリスの哲学者。文芸批評家A.C.ブラッドリーはその弟。オックスフォードに学び,マートン・カレッジのフェローとなる。T.H.グリーンケアードによって導入されたヘーゲル哲学に深く影響を受け,新理想主義派としてイギリス伝統の功利主義倫理を批判した。晩年はプラトン主義神秘主義形而上学に到達した。おもな著作に,《倫理研究》(1876),《論理学原理》(1883),《仮象と実在》(1893)などがある。

ブラッドリー【James Bradley】

1693‐1762
イギリスの天文学者。貴族の息子としてグロースターシャーに生まれる。オックスフォードのベイリオル・カレッジに学び,1718年ローヤル・ソサエティ会員,21年オックスフォードのサビル教授,42年E.ハリーの死とともに後任としてグリニジ天文台長。フランスプロイセンロシアなどのアカデミーの会員にも選ばれた。 ブラッドリーの仕事としてもっとも著名なのは1728年の星の光行差の発見である。地球の公転による年周視差の確認は18世紀天文学者の最大の問題だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブラッドリー【Bradley】

〔Francis Herbert B.〕 (1846~1924) イギリスの哲学者。新ヘーゲル主義の立場から経験論・功利主義の伝統を批判。科学的知識では到達できない絶対者を純粋な直接感情により把握することを主張した。
〔James B.〕 (1693~1762) イギリスの天文学者。グリニッチ天文台長。1727年に年周光行差を発見して地球の公転を立証し、光の速度も求めた。また地軸の章動も発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブラッドリーの言及

【シェークスピア】より

…このようなロマン主義批評はイギリスでは詩人批評家のS.T.コールリジによって先鞭をつけられるが,シェークスピアはヨーロッパとくにドイツにおいても偶像視されるようになる。ロマン主義批評は《シェークスピアの悲劇》(1904)の著者A.C.ブラッドリーによって集大成された。また,19世紀のシェークスピア批評は,W.ハズリットに代表されるいわゆる性格批評がその中心をなし,劇中人物の心理と行動原理が追究された。…

【国家】より

…ヘーゲル的立場は,工業化の進展に伴う社会問題の拡大と帝国主義の成立に伴う国際緊張の増大に伴って,国家権力の積極的意義が評価されはじめるとともに,ドイツ以外の国でも注目されるようになった。たとえば,イギリスでもT.H.グリーン,F.H.ブラッドリー,B.ボーザンケトらが,ヘーゲルの影響の下に,国家の倫理性を強調しつつ,国家が社会問題に積極的に介入することを正当化したのである。ヘーゲル的立場は,のちに著しくゆがめられた形で,ナチズムやファシズムの国家観に現れたが,しかしそこでは少なくともヘーゲル哲学の合理性は完全に排除され,国家一元論は著しく非合理的かつ神話的な形をとることになったといえよう。…

【新ヘーゲル学派】より

…しかし世紀末から再び生まれてきた〈精神〉を重視する立場が強くヘーゲルの影響を受けていたために〈新ヘーゲル学派〉と総称され,ファシズム期の終りまで影響を残した。イギリスのT.H.グリーン,F.H.ブラッドリーは,ヘーゲル以上に〈精神〉を超越的なものと解していたために,G.E.ムーアの経験主義の反発を招き,B.A.W.ラッセルの経験主義的原子論の成立を促す結果となった。イタリアのクローチェ,ジェンティーレは,ラブリオーラを経由して,人間の能動性の再評価を促して,マルクス主義に影響を与えた。…

【光行差】より

…天体が黄道上にあれば光行差は長さ2kの線分上の往復運動になり,天体が黄緯βの位置にあれば光行差は半長軸k,半短軸ksinβの微小楕円になる。 1725年イギリスのJ.ブラッドリーは,ロンドン近郊のキューに設置した天頂セクターという長さ3.8mの特殊望遠鏡を使い,ロンドンの天頂を通過するりゅう座γ星の赤緯変化を精密観測して年周視差を発見しようとしたが,検出された結果は年周光行差であった(1728)。年周光行差の場合にはどの天体に対しても一律にk=20.″49であり,これを光行差定数というが,年周視差の場合には天体の距離に応じて,このずれの角度は異なり,もっとも近い星の場合でも視差p=0.″760という微小角で,ブラッドリーの測定精度では達しえなかった。…

【光速度】より

…O.レーメルは1675年ごろ木星の衛星の食の開始時刻が周期的に変化することを見いだし,この変化は木星から地球まで光が伝わるのに要する時間が地球の公転によって異なるために生ずるとして,光速度約2.2×108m/sを見積もった。また,J.ブラッドリーは1725年ごろに地球の公転速度によって光の進入方向がわずかに傾く効果を用いて光速度を求めた。これら天文学的方法に対して地上の光学実験で光速度を測定した例の中では,1849年のA.フィゾーによる回転歯車を用いた測定(フィゾーの実験,3.13×108m/s)およびその翌年J.フーコーが行った回転鏡を利用した測定(2.98×108m/s)が有名である。…

【天文台】より

…初代台長のJ.フラムスティードに次いで2代台長をつとめたE.ハリーは,1705年ハリーすい星が周期すい星であることを見つけ,また18年にはシリウス,アークトゥルスなどの位置とT.ブラーエの観測値との差が,恒星の固有運動によるものであることをつきとめた。3代台長J.ブラッドリーも,光行差や章動の発見者として著名である。グリニジ天文台の子午環を通る子午線が経度の基準になっていることからも,ここが位置天文学の大本山であったことがうかがえる。…

※「ブラッドリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラッドリーの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラッドリーの関連情報