コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランデン Blunden, Edmund Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランデン
Blunden, Edmund Charles

[生]1896.11.1. ロンドン
[没]1974.1.20. サフォーク,ロングメルフォード
イギリスの詩人,批評家。第1次世界大戦に参加後,オックスフォード大学卒業。 1924~27年,東京大学で英文学を講じた。在職中に書いた『戦争微韻』 Undertones of War (1928) は戦争文学の傑作とされる。帰国後母校で教鞭をとり,『タイムズ文芸付録』の編集に参画,47年文化使節として再度来日,また香港大学在任中にも日本を訪れた。 66年オックスフォード大学詩学教授に選任されたが,病気のため2年後に辞任。処女詩集『荷車ひき』 The Waggoner (20) から『真夜中のスケーター』 The Midnight Skaters (68) まで多くの詩集がある。また,埋れていた J.クレアの再評価をはじめ,すぐれた学問的業績を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブランデン

英国の詩人。第1次大戦に従軍,戦争体験を《大戦微韻》(1928年)に書いたジョージ朝詩人の一人として詩は自然詩の伝統によったものが多く《詩集》(1930年,1940年),選集《長き歳月にわたりて》(1957年)などに収められている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ブランデン Blunden, Edmund Charles

1896-1974 イギリスの詩人,文学者。
1896年11月1日生まれ。大正13年来日,東京帝大,東京高師で3年間英文学を講ずる。昭和22年イギリス文化使節として再来日し,25年帰国。日本学士院名誉会員。自然と人間をうたう田園詩がおおく,詩集に「荷車曳き」「羊飼い」など。1974年1月20日死去。77歳。ケント州出身。オックスフォード大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ブランデン【Edmund Charles Blunden】

1896‐1974
イギリスの詩人,批評家。第1次大戦に従軍,復員後オックスフォード大学を卒業した。《牧歌》(1916),《羊飼い》(1922)などの詩集発表の後,1924年より27年まで東京大学客員教授として英文学を講じた。親日家であって,第2次大戦後,イギリス文化使節として再度来日(1947‐50),香港大学教授時代(1953‐64)もしばしば訪日した。死後,顕彰する記念像が東京大学図書館の壁に掲げられた。彼はオックスフォード大学講師や《タイムズ文芸付録》編集顧問を務めながら,多くの著書を公刊した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブランデン【Edmund Charles Blunden】

1896~1974) イギリスの詩人・文学者。東大などで英文学を講じた。田園詩にすぐれ、また第一次大戦の従軍記「戦争余韻」が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブランデン
ぶらんでん
Edmund Charles Blunden
(1896―1974)

イギリスの詩人、批評家。ケント州に生まれる。1916年ロイヤル・サセックス連隊中尉として従軍。第一次世界大戦後オックスフォード大学に復帰し、学位を取得。24年から27年まで東京帝国大学英文学教授となる。第二次大戦後、47年から50年までイギリス文化使節としてふたたび来日し、各地で講演。53年から64年まで香港(ホンコン)大学の英文学教授。66年から68年までオックスフォード大学詩学教授となる。イギリスの伝統的な、田園風で優雅な叙情詩人たち、いわゆる「ジョージ朝詩人」の1人として出発。68年刊の詩集『真夜中のスケート滑り』の表題詩のように、哲学的陰影をもつ優れた瞑想(めいそう)詩もある。イギリスの詩人に関する評論や、詩集の編集も多く、とくにジョン・クレアの紹介やトマス・ハーディ再発見に貢献した。晩年はサフォーク州サドベリの北部ロングメルフォードの町に隠棲(いんせい)した。[羽矢謙一]
『斎藤美洲編著『イギリス文学史序説』(1978・中教出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブランデンの関連キーワードフレーザー(George Sutherland Fraser)ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェルボヘミアにおけるブランデンブルクの人々フランクフルト・アン・デル・オーデルアルブレヒト[ブランデンブルク]ボヘミアのブランデンブルク人フリードリヒ・ヴィルヘルムフリードリヒ・ウィルヘルムフリードリヒウィルヘルムアルブレヒト3世アヒレスマティアス プラツェクブランデンブルク協奏曲アルブレヒト・アヒレスフェールベリンの戦いフリードリヒ[1世]ホーエンツォレルン家フュルステンワルデブランデンブルク門ブランデンブルク州フリッツ ランゲ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブランデンの関連情報