コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリッゲン ブリッゲン Bryggen

4件 の用語解説(ブリッゲンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリッゲン
ブリッゲン
Bryggen

ノルウェー南西部,ホルダラン県ベルゲンに残る 14世紀ハンザ同盟時代のドイツ商人居留地区。 12~13世紀の海洋時代,天然の良港に恵まれたベルゲンノルウェーの首都として,またヨーロッパ有数の商業都市として繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブリッゲン

ノルウェー南西部の港町ベルゲンにあるハンザ同盟の町。北ヨーロッパ最大の商業都市であったが,実権を握っていたのはノルウェー王ではなく,ドイツのリューベックの商人たちであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

ブリッゲン

1979年に登録された世界遺産文化遺産)で、ノルウェー最大の港湾都市ベルゲンの旧市街。ブリッゲン(埠頭)と呼ばれるこの地区には、三角屋根の商館や倉庫などが海沿いに建っている。14世紀半ばにベルゲンがハンザ同盟に加盟すると、ドイツの商人や職人で賑わい、木造の切妻屋根が特徴の、色彩豊かな家屋や倉庫が造られた。ブリッゲンは何度も大火に見舞われたが、そのたびに、当初の図面を元に伝統的な技法を用いて再建された。現在61の家屋が復元され、ブリッゲン博物館ハンザ博物館、レストランアトリエなどに利用されている。中世後期の町並みを今に伝えていることなど、ハンザ同盟によって繁栄した町独特の造形が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はBryggen

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブリッゲン【ブリッゲン】
Bryggen

ノルウェー南西沿岸の港町ベルゲン(Bergen)の旧市街、三角屋根の中世以来の木造倉庫群が並んでいるヴォーゲン(Vågen)湾に面した港の東側にある一角。この倉庫街が再開発され、レストランや土産物店が軒を並べる観光エリアになっている。ベルゲンは中世の1360年以来、ハンザ同盟の拠点となった都市で、港にドッグが整備され、活発に交易が行われていた。◇ブリッゲンは当時のドイツ人街で、ノルウェーの水産物とヨーロッパの穀物を取り引きするドイツ人の貿易商の倉庫がつくられた。当時の倉庫群は火災などで失われてしまったため、伝統的な技法で当時の倉庫が再現されている。いくつかの貯蔵庫の石材は15世紀にまでさかのぼることができる。世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリッゲンの関連キーワードエルチェバム文化遺産複合遺産自然遺産ルストロルシュオモ川下流域平泉世界遺産登録記念ホリデーパスヴルコリニェツ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリッゲンの関連情報