コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルックス山脈 ブルックスさんみゃくBrooks Range

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルックス山脈
ブルックスさんみゃく
Brooks Range

アメリカ合衆国,アラスカ州北部の山脈。全長 1000km。幅 130km。ロッキー山系の最北部をなすが,南方のアラスカ山脈,南東方のマッケンジー山脈とは,ユーコン川およびポーキュパイン川低地によって分離されている。山頂の高さは西部で平均 900m,東部では 2700mに達し,最高峰はカナダ国境に近いイスト山 (2761m) である。全体が北極圏内にあり,樹木限界を越えているので,樹木はまったく生えていない。中央部はゲーツ・オブ・ザ・アークティック国立公園・自然保護区に含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルックス山脈
ぶるっくすさんみゃく
Brooks Range

アメリカ合衆国、アラスカ州北部の山脈。カナダ国境からホープ岬まで東西方向に走る。アラスカのほかの山脈ほど高くはないが、氷食作用を激しく受けたために険しい山容を示す。最高峰は国境に近いマイケルソン山(2816メートル)である。古生代の石灰岩や珪(けい)岩を核として、ペルム紀(二畳紀)から白亜紀に至る堆積(たいせき)岩が取り巻いた地質構造をもつ。造山運動はジュラ紀から始まるが、現在の山脈を形成した隆起運動は第三紀の後期である。山脈の北側はフット・ヒルズという丘陵性の台地で、その北側に北極海の海岸平野が広がる。山脈の南側はユーコン川やその支流のコユカク川の平野が広がる。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブルックス山脈の関連キーワード北極圏の扉国立公園プルドーベイ油田ノース・スロープアラスカ[州]アメリカ合衆国ロッキー山脈ベテルス

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルックス山脈の関連情報