ブレトンウッズ協定(読み)ブレトンウッズきょうてい(英語表記)Bretton Woods Agreements

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレトンウッズ協定
ブレトンウッズきょうてい
Bretton Woods Agreements

第2次世界大戦後の国際通貨体制と経済復興の枠組みを定めた協定の通称。 1944年7月アメリカのニューハンプシャー州ブレトンウッズで開催された 44ヵ国参加の連合国国際通貨金融会議で締結された「連合国通貨金融会議最終議定書」が正式名称である。ここで国際決済銀行 BISなどに関する申合せを行なったが,大切なのはその付随する「国際通貨基金協定条文」「国際復興開発銀行 (世界銀行) 協定条文」であり,通常ブレトンウッズ協定という場合はこの2つの協定をさす。この協定により国際通貨基金 IMFが 45年 12月に,世界銀行は 46年6月にそれぞれ設立された。この協定に基づいて発足した国際通貨体制をブレトンウッズ体制と呼んでいる。この体制の本質は,国際金融問題を2国間ではなく国際機関を通じて多角的な解決をはかり,米ドル基軸通貨とする金為替本位制度アジャスタブル・ペッグを前提に国際通貨体制の安定化をねらうものであった。この体制は,ガットによる自由貿易の促進と相まって世界貿易の拡大に貢献してきたが,71年8月の米ドルと金との交換停止,73年の変動為替相場制度移行によって崩壊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブレトンウッズ‐きょうてい〔‐ケフテイ〕【ブレトンウッズ協定】

1944年、米国のニューハンプシャー州ブレトンウッズ(Bretton Woods)で開かれた連合国44か国による通貨金融会議で結ばれた協定。IMF(国際通貨基金)とIBRD(国際復興開発銀行)の設立が決められた。通貨価値の安定を図るために、金1オンスを35米ドルと定め、米ドルに対して他国通貨を固定相場で連結した。1971年米国は対外収支の悪化などが原因で金とドルの交換を停止し(ニクソンショック)、ブレトンウッズ体制が崩壊。ドルの切り下げによって固定相場制を維持しようとした(スミソニアン体制)が、1973年には変動相場制へ移行した。→ニクソンショック1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ブレトンウッズきょうてい【ブレトンウッズ協定】

1944年にブレトンウッズで開かれた、連合国による国際通貨金融会議で締結された協定。通貨の安定をはかるため、 IMF ・国際復興開発銀行などの設立が定められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android