コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレトンウッズ協定 ブレトンウッズきょうてい Bretton Woods Agreements

3件 の用語解説(ブレトンウッズ協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレトンウッズ協定
ブレトンウッズきょうてい
Bretton Woods Agreements

第2次世界大戦後の国際通貨体制と経済復興の枠組みを定めた協定の通称。 1944年7月アメリカニューハンプシャー州ブレトンウッズで開催された 44ヵ国参加の連合国国際通貨金融会議で締結された「連合国通貨金融会議最終議定書」が正式名称である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブレトンウッズ‐きょうてい〔‐ケフテイ〕【ブレトンウッズ協定】

1944年、米国のニューハンプシャー州ブレトンウッズ(Bretton Woods)で開かれた連合国44か国による通貨金融会議で結ばれた協定。IMF国際通貨基金)とIBRD国際復興開発銀行)の設立が決められた。通貨価値の安定を図るために、金1オンスを35米ドルと定め、米ドルに対して他国通貨を固定相場で連結した。1971年米国は対外収支の悪化などが原因で金とドルの交換を停止し(ニクソンショック)、ブレトンウッズ体制が崩壊。ドルの切り下げによって固定相場制を維持しようとした(スミソニアン体制)が、1973年には変動相場制へ移行した。→ニクソンショック1

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ブレトンウッズきょうてい【ブレトンウッズ協定】

1944年にブレトンウッズで開かれた、連合国による国際通貨金融会議で締結された協定。通貨の安定をはかるため、 IMF ・国際復興開発銀行などの設立が定められた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブレトンウッズ協定の関連キーワードニューハンプシャー種ニューハンプシャーハンプシャーモナドノックホテル・ニューハンプシャーIMF体制金・ドル本位制オシピ岩ニューハンプシャー[州]ニュー・ハンプシャー[種]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブレトンウッズ協定の関連情報