コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プシロフィトン プシロフィトンPsilophyton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プシロフィトン
Psilophyton

シダ植物古生マツバラン綱古生マツバラン目の化石属。原始的なシダ植物で,葉はなく,刺状の突起と毛がある。幹は横にはう地下茎から直立し二叉に分岐し,細い地上となる。沼沢地に群生していたものと考えられている。シルル紀後期からデボン紀中期に栄えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プシロフィトン(〈ラテン〉Psilophyton)

原始的な陸生シダ植物。シルル紀末からデボン紀地層で化石が発見される。地下茎から高さ1メートル内外の細い地上茎が出て、葉はなく、とげがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

プシロフィトン

デボン紀に栄えた古生マツバラン類。全長1mで根も葉もなく,茎が地下茎から生じ,それがさらに枝分れし,末端には胞子嚢をもつ。かつては最古の陸上植物とされたが,その後シルル紀の地層から発見されたライニア類が最古のものと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プシロフィトン【Psilophyton】

古生マツバラン類(無葉類)のトリメロフィトン目に属する絶滅シダ植物の1属。ドーソンJ.W.Dawsonが1859年にカナダのガスペ半島の前期デボン紀の地層から報告したプシロフィトン・プリンセプスP.princepsは葉も根もなく〈葉のない植物〉という意味でプシロフィトンと命名され,初期の陸上植物と考えられた。ドーソンの復元図はばらばらに産した化石をまとめて作りあげたもので別植物の部分も含まれ,後の混乱の原因となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

プシロフィトン【Psilophyton】

古生代のシルル紀末からデボン紀中期に生育していた化石植物。マツバランに似た外形で、茎には維管束がある。小葉の祖型と考えられるとげ状の突起がまばらにあり、枝先に胞子囊をつける。原始的な陸生シダ植物と考えられている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プシロフィトン
ぷしろふぃとん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プシロフィトンの関連キーワードプシロフィトン類ライニア類維管束古生代祖型小葉