コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラウ プラウ plow

翻訳|plow

5件 の用語解説(プラウの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プラウ(plow)

牛馬・トラクターなどに引かせて用いる鋤(すき)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プラウ

洋犂(すき)とも。のうち西洋で発達した形のもの。ふつうトラクターにより牽引(けんいん)され,土を耕起反転,破砕する農機具。構造により発土板プラウディスク(円板)プラウに大別。
→関連項目農業機械

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プラウ【plow】

土を耕す機械。固まった圃場(ほじよう)の土を耕起,反転する機械で,トラクターで牽引(けんいん)される。シェア(刃板)で土を切断した後,切り出された土をモールドボード(発土板)にそってすり上げながらよじり,下層の土が地表にくるように反転する。反転によって作物残渣(ざんさ)や雑草が埋めこまれるとともに下層の有機物の分解が早まる。プラウで耕された土は帯状または大きな土塊であるので,これを砕土機で砕く必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

プラウ【plow】

洋式の犂すき

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラウ
ぷらう
plow

イギリスではploughとも綴(つづ)る。和犂(わすき)とともに土を反転破砕する一次耕うん用農機具であるが、和犂に比べて反転性能がよく、草や有機物の反転埋没に優れ、深く幅広く耕うんし作業速度も速いので能率が高い。土塊が粗いので乾土効果があり、耕盤は平坦(へいたん)で安定がよく、操作が容易であるため、畑地の平起しや牧草地耕起に適している。しかし構造がやや複雑で大型で重く、ロータリー耕に比べ二次耕うん(砕土)をあとから別に行う必要があり、また水田では犂より抵抗が大きく、うね立て耕には適さない。ただし1980年ごろより砕土機類を後ろに備え一工程で行うこともできるようになった。
 プラウは、古代メソポタミアやエジプトにおいて紀元前3500年ごろから、くの字型の曲木(まげき)を人か家畜に引かせて農耕に用いていた。当時のものは反転せず、破砕、掘り起し、攪土(かくど)型であったが、以後ローマに渡り、さらにオランダで現在の曲面状の撥土(はつど)板プラウの原型がつくられた。これが1620年ごろアメリカに渡り、しだいに改良された。そのころのプラウは、犂先(すきさき)と犂刀(りとう)のみが鉄であったが、1930年ごろ全鋳鉄製となった。わが国へは1870年(明治3)アメリカから北海道に畜力用として輸入され、1881年に軽量小型の水田プラウが製作された。トラクター用は昭和に入ってからつくられた。
 プラウは犂体(りたい)形状、用途、牽引(けんいん)法、れき(プラウでつくられるうね)の反転方向、材質、連結数などにより多くの種類があるが、もっとも代表的なものは撥土板(モールドボード、ボットム)プラウである。これはさらに再墾プラウ(撥土板曲面が円筒型で既耕地や砂質地向きで砕土混耕が目的)、新墾プラウ(捻転(ねんてん)型で重粘地、草生地、未耕地向きで、破砕力が弱く完全反転する)、およびこれらの中間型である兼用プラウの3形態に分けられる。プラウ耕の作用を確実にするためコールター(犂刀)、ジョインター(前犂(ぜんり)ともいい二段耕に用いる)、補助羽根、定規車などを備えたり、障害物回避安全装置をつけたりする。
 能率増進のため毎時8~12キロメートルの速度で用いる高速度プラウ、心土と作土を別々に耕す心土プラウ、心土のみを耕すサブソイラ、自転する球面皿板を傾けて牽引耕うんするディスクプラウ(円板プラウ)、左右どちらにも反転できる互用プラウ、火山灰や粘土地で土壌付着を防止できる樹脂板プラウなどもよく用いられる。最近は抵抗減をねらった振動耕うんやトラクター前後装着、能率向上と踏圧防止のための複合化などが注目されている。[松尾昌樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプラウの言及

【すき(犂)】より

…湾轅犂と車輪犂とが併存したフランスでは,前者をアレールaraire,後者をシャーリュcharrueとよんで区別してきた。英語のプラウplough,plowは後者を意味する。(4)対犂(ロシア犂) インド犂2機を横にならべて固定した双柄双刃犂で,犂轅も2本ある場合が一般的。…

※「プラウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プラウの関連キーワード農業機械格子鍬鋤く耕す田作り馬耕畑打ち圃場固まり鼻糞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プラウの関連情報