コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリシュティナ プリシュティナ Priština

5件 の用語解説(プリシュティナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリシュティナ
プリシュティナ
Priština

バルカン半島中部コソボの首都。1389年のコソボの戦いオスマン帝国に敗れるまで中世セルビア王国の首都として栄えたため歴史遺産に富み,特に市の南東にあるグラチャーニッツァ修道院はミルティン王(ステファン・ウロシュ2世)治世時の 1313~21年に建造され,貴重なフレスコ画を包蔵するセルビア建築の粋である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プリシュティナ(Prishtinë)

バルカン半島中央部、コソボ共和国の首都。住民の大半をアルバニア人が占める。1980年から1990年代のコソボ紛争で甚大な被害を受け、国連による暫定統治の後、2008年2月に同国の独立を機に首都となった。中央広場に中世アルバニアの民族的英雄、スカンデルベクの像がある。近郊のグラチャニツァ修道院が、2004年に「コソボの中世建造物群」の名で世界遺産文化遺産)に登録されたが、2006年、同国の政情不安により危機遺産にも指定。人口17万(2008年推計)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プリシュティナ

コソボの首都。同国のほぼ中央に位置する。中世セルビア王国時代にはその首都であった所で,近郊には14世紀に建てられた美しいグラチャニツァ修道院などがある。またその後の5世紀にわたるトルコ人の支配は,市内の建物などにその痕跡をとどめている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プリシュティナ【Priština】

ユーゴスラビア南部,コソボ自治州の州都。人口15万5000(1991)。住民の7割以上はアルバニア人で,他にセルビア人が2割,モンテネグロ人ムスリム人などがこれに続く。中世セルビア王国時代はこのあたりが中心地であっただけに,近郊にはミルティン王が建立した美しいグラチャニツァGračanica修道院(14世紀前半)など見るべきものが多い。5世紀にわたるトルコ人支配の痕跡は,市内のモスク公衆浴場,時計塔にうかがわれ,独特の雰囲気をかもし出している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリシュティナ
ぷりしゅてぃな
Pritina

ヨーロッパ南東部、バルカン半島に位置するコソボ共和国の首都。人口18万6611(1999)、17万(2008推計)。ビザンティン、ブルガリアの支配を受けたのち、12世紀にセルビアの支配下に入り、14~15世紀には近くのノボ・ブルドNovo Brdo鉱山(おもに銀)が開発されたために採鉱、交易の中心地として大いに繁栄した。だが1389年、コソボの戦いでセルビア軍がトルコ軍に大敗し、その後、第一次バルカン戦争(1912~13)でふたたびセルビアに編入されるまで、トルコの支配下にあった。多くのセルビア人が北方に逃れたのち、アルバニア人が多数入植し、現在では住民の8割以上を占めている。近郊には14世紀初頭に建てられたグラチャニツァ修道院、コソボ平原に立つ英雄記念塔、暗殺されたトルコのスルタン・ムラトの霊廟(れいびょう)、旧市街に残る15世紀のトルコ浴場、時計塔、モスクなどが有名。大学、ラジオ・テレビ局、アルバニア学研究所、現代的なつくりの図書館などがあり、しだいに近代都市へ変貌(へんぼう)しつつある。織物・食品・建材・家具工場のほか、近くで産出する褐炭を利用した火力発電所がある。[田村 律]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプリシュティナの言及

【コソボ[州]】より

…面積1万0887km2,人口199万(1995)。州都はプリシュティナ。民族構成はアルバニア人74%(イスラム教徒のアルバニア人を含む),セルビア人18%,モンテネグロ人3%,ムスリム人2%,トルコ人1%など。…

※「プリシュティナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プリシュティナの関連キーワードアルバニアコソボセルビアナリチクマケドニア巴爾幹勃牙利カバルダバルカルバルカン[山脈]《バルカン半島》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プリシュティナの関連情報