コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレトリウス Praetorius, Michael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレトリウス
Praetorius, Michael

[生]1571.2.15. クロイツブルク
[没]1621.2.15. ウォルフェンビュッテル
ドイツの作曲家,音楽理論家。フランクフルトアンデアオーデルで音楽を学び,ハルバーシュタットの教会のオルガン奏者,楽長となり,1612年以降ウォルフェンビュッテルの宮廷楽長をつとめた。主作品は 1200曲以上のコラール編曲を含む『ムーサ・シオーニア集』 (1605~10) ,舞曲集『テルプシコーレ』 (12) 。主著『音楽大全』 Syntagma Musicum (3巻,14~20) 。

プレトリウス
Prätorius, Stephan

[生]1536.5.3. ザルツベデル
[没]1603.5.5.
ドイツのルター派牧師。 1565年以来ザルツベデルの牧師をつとめる。大学時代にメランヒトン学派の影響を受け,ルターの立場に立って,イエズス会とカルバン主義に反対し,説教や魂の浄化,異教徒伝道といった実践的,教会的な問題に取組んだ。また清浄な生活態度の強調は,J.アルントや P.J.シュペーナーの先駆となった。主著"Geistliche Schatzkammer der Gläubigen" (1636) 。

プレトリウス
Pretorius, Andries

[生]1798.11.27. ケープ植民地,グラーフリネット近郊
[没]1853.7.23. トランスバール,マガリースバーグ
ケープ植民地 (現南アフリカ共和国) の指導者。イギリスの支配を嫌ったボーア人がケープ植民地から南アフリカ北部へ大移動したグレート・トレックを主導した。フルネーム Andries Wilhelmus Jacobus Pretorius。その後ナタール地方,さらにはトランスバール地方で軍事的・政治的に多大な影響力をふるった。ケープ植民地の辺境地帯でいくつかの戦闘に加わったあと,1837年に移動を開始。 1838年ズールー人の首長ディンガネが移動部隊のリーダー,ピート・レティーフとその部隊を殺害すると,500人の特殊部隊を編成してズールー人と戦い,1万人の大部隊を破った (血の河の戦い) 。 1842年イギリスがナタール地方のダーバンを占領,プレトリウスは総司令官の座を辞した。 1847年再びさらなる辺境の地であるトランスバール地方への移動を決意し,4人の総司令官の一人として,イギリスとの交渉で指導的な役割を果たした。交渉の結果,1852年のサンドリバー協定でトランスバール共和国の成立が承認された。さらにオレンジ自由国の独立を承認させようと迫ったが,イギリスがブルームフォンテーン協定 (1854) で独立を承認したのは,プレトリウスの死から7ヵ月後のことだった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プレトリウス

ドイツの作曲家,著述家,オルガン奏者。アイゼナハ近郊で牧師の子に生まれ,各地の宮廷オルガン奏者を歴任。1613年からは2年余ドレスデンの宮廷に滞在し,宮廷楽長のシュッツと親交を結んだ。17世紀初頭のドイツ・プロテスタントを代表する作曲家で,G.ガブリエリらベネチア楽派の様式を取り入れドイツ・プロテスタント教会音楽の発展に寄与した。その著《音楽大全》3巻(1614年−1620年)は,当時の楽器,記譜法や演奏習慣などについて詳述したもので,初期の音楽百科事典として高い資料的価値をもつ。→シャイトハスラー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プレトリウス
ぷれとりうす
Michael Praetorius
(1571/72/73―1621)

ドイツの作曲家、音楽理論家、オルガン奏者。アイゼナハ近郊のクロイツブルク・アン・デア・ウェラで牧師の息子として生まれる。生年は諸説あるが、誕生日は2月15日である。トゥールガウで育ち、ツェルプストのラテン語学校を経てフランクフルト・アン・デア・オーデルの大学に学んだ。1595年、当時ハルバーシュタットの教区監督だった後のブラウンシュワイク公ハインリヒ・ユリウスのオルガン奏者となり、1604年以後はウォルフェンビュッテルの宮廷オルガン奏者、宮廷楽長として活躍した。ドレスデン、マクデブルク、ライプツィヒなどドイツ各地での活躍ののち21年2月15日、ウォルフェンビュッテルで世を去った。多数のプロテスタント・コラールに基づく教会音楽のほか、舞曲集『テルプシコーレ』(1612)がある。彼は史上最古の音楽百科全書『シンタグマ・ムジクム(音楽大全)』(1614~18)の著作者として後世に名を残している。[樋口隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

プレトリウスの関連キーワードヴィリバルト グルリットリューベツァールルター教会の音楽11月27日ズールー王国プレトリア樋口隆一ブルーメ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プレトリウスの関連情報