コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレ・サピエンス Pre‐sapiens

世界大百科事典 第2版の解説

プレ・サピエンス【Pre‐sapiens】

新人の出現に関して古くからさまざまな考え方が出されているが,その一つにプレ・サピエンス説がある。この学説は,新人がネアンデルタール人とは別の系統から派生したとするもので,P.M.ブール(1913)以来,多くの人類学者によってさまざまな系統樹が提案されてきたが,これを集大成したのがフランスのバロアH.V.Vallois(1954)である。プレ・サピエンスという術語は,ドイツのヘーベラーG.Heberer(1950)によって最初に用いられたが,その代表的な人類化石はフランスのシャラント県フォンテシュバードFontéchevadeの洞窟遺跡の下層から発見された3個の脳頭蓋である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプレ・サピエンスの言及

【新人】より

…第1は,リス・ウルム間氷期のプレ・ネアンデルタールが,ウルム氷期を迎えて新人とネアンデルタール人に分岐し,ネアンデルタール人はウルム第1亜氷期以後間もなく絶滅したとするプレ・ネアンデルタール説である。第2は,原人以後の人類が2系統に分かれ,一方はプレ・サピエンスを経て新人へ進化し,他方はプレ・ネアンデルタールからネアンデルタールとなって絶滅したと考えるプレ・サピエンス説である。第3は,プレ・ネアンデルタール,ネアンデルタール人,新人の連続性を認め,ネアンデルタール人の絶滅を否定するネアンデルタール説である。…

※「プレ・サピエンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プレ・サピエンスの関連キーワードシュタインハイム人スウォンズクーム人プレ・サピエンススワンズコム人スフール人旧人