コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブール Boole, George

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブール
Boole, George

[生]1815.11.2. リンカーン
[没]1864.12.8. コーク,バリンテンプル
イギリスの数学者,論理学者。ブール束 (ブール代数) として知られている代数論理学の創始者。正式の教育は地方の学校に2~3年通っただけで,数学はほとんどが独学であった。 16歳のときから村の学校で教えはじめ,20歳でイングランドのリンカーンに学校を創設。余暇を見つけてニュートン,P.ラプラス,J.ラグランジュらの著作を勉強し,1839年より代数学に関する論文を矢つぎばやに発表する。これが認められてコークのクイーンズ・カレッジの数学教授に就任 (1849) 。 57年にはロイヤル・ソサエティの会員に選ばれる。彼は論理学の代数的取扱いを行なった。ブール代数は現在コンピュータをはじめ多くの分野で応用されている。また,解析学に関する著作があり,教科書として長年使用された。主著『論理学の数学的分析』 (47) ,『思考の法則』 (54) ,『微分方程式論』 (59) ,『差分法』 (60) 。

ブール
Boule, Pierre Mercellin

[生]1861.1.1. カンタル,モンサルビ
[没]1942.7.4. カンタル,モンサルビ
フランスの考古学者。パリの国立自然誌博物館の教授として古生物学,旧石器時代研究を行うとともに,"L'Anthropologie"誌,『古生物学年報』の編集にたずさわった。さらに人類古生物学研究所所長として,グリマルディ人,ラシャペルオーサン人骨の研究もある。主著"Les grottes de Grimaldi" (1906~10) 。

ブール
Boulle, André-Charles

[生]1642.11.11. パリ
[没]1732.2.29. パリ
フランスの家具製作者。絵画彫刻を学び,ルイ 14世の宮廷付き製作者として,ルーブルベルサイユでおもな仕事をした。フランス王族の宮廷用の家具をつくりヨーロッパ家具の一典型をつくった。赤や黒地に銅の象眼細工はブール細工とも呼ばれ,18世紀頃まで流行した。

ブール
Boulle, Pierre

[生]1912.2.20. アビニョン
[没]1994.1.30. パリ
フランスの小説家。 1936年ゴム園に職を得てマラヤ (マレーシア) に渡り,39年インドシナ戦争に参加,日本軍と戦う。その体験をもとにした『クワイ川の橋』 Le Pont de la rivière Kwaï (1952) は大成功を収め,『戦場にかける橋』として映画化もされた。ほかに短編集『不合理の物語』 Contes de l'absurd (53) に始る,幻想的,SF的発想とペシミズムに裏打ちされた風刺的作品があり,その代表作としては,やはり映画化された『猿の惑星』 La Planète des singes (63) がある。

ブール

ブルク」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブール(George Boole)

[1815~1864]英国の数学者。代数学を使って論理的推論を展開するブール代数を完成、記号論理学の基礎を築いた。また、不変式論を確立した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブール

英国の数学者,論理学者。1849年コークのクイーンズ・カレッジ教授。論理学に記号と演算を導入,いわゆるブール代数を創始。近代記号論理学の先駆者の一人となった。他に不変数,共変数を研究。
→関連項目ジェボンズ論理回路

ブール

オーストリアの登山家。1953年ヒマラヤのナンガ・パルバット登頂をめざすドイツ・オーストリア隊に加わり,7月3日超人的努力で単身初登頂に成功。1957年6月9日カラコルムのブロード・ピークに登頂,その帰路,チョゴリザで転落死した。

ブール

アフリカーナー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ブール【boule(フランス)】

フランスパンの一種。少し平たい球状で、280g程度。格子状の切り込みが上部に入る。半分の140g程度のものを「プティブール」という。◇「球」の意。⇒フランスパン

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブール【bourg】

ラテン語のブルグスburgusに由来するフランス語で,ドイツ語のブルク,英語のバラboroughに対応する。西欧中世の集落史上特異な性格をもつ。それは既存の都市的・農村的集落の近くに,修道院や城を核として形成された〈付属集落〉であるとともに,ローカルな商品流通の拠点としての〈市場集落〉でもあった。 西欧におけるブールの伝播は,8~9世紀ころからソーヌ,ローヌ,ロアールという三つの川の流域に始まり,10~11世紀には北部,南部とフランスのほとんど全域に広まり,さらにイタリアや北スペインにも伝播していった。

ブール【André‐Charles Boulle】

1642‐1732
ルイ14世時代に活躍したフランスの著名な家具師。彼は指物師の息子としてパリに生まれ,素描彫金,指物などの技術を学び,1664年ころに独立,大蔵大臣コルベールによる〈パリで最も有能な家具師〉との推挙により,72年ルイ14世の王室家具師に任ぜられた。この時以来つねに王室とくにベルサイユ宮殿の家具を製作した。ブールの名声が拡大するにつれて,フランスはもとより,スペインのフェリペ5世やバイエルン選帝侯など外国王室からの注文も絶えなかった。

ブール【George Boole】

1815‐64
イギリスの数学者。リンカンで生まれ,父親は靴直し職人をしていたが,数学好きであり,商売が思わしくなくなって図書館の管理人になったことなどから,ブールは図書館の蔵書を利用して独学で数学を学ぶようになった。1840年ころから数学の論文を発表するようになり,44年にローヤル・ソサエティの賞を受けた。49年にはアイルランドのコークに設立されたクイーンズ・カレッジの教授になり,57年にはローヤル・ソサエティ会員に選ばれた。

ブール【Hermann Buhl】

1924‐57
オーストリアの登山家。インスブルックに生まれ,小さいときからチロル,ドロミテなどで登山をおこない,1948年フライシュバンクの南東壁,50年マルモラーダ南西壁冬季,52年ピッツ・バディレ北東壁登攀などヨーロッパ・アルプスの困難なルートの多くを単独で登攀した。53年K.M.ヘルリヒコファーの率いる登山隊に参加,ナンガ・パルバットに単独で初登頂。57年カラコルムのブロード・ピークに4人の隊で初登頂に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブール【Boer】

ボーア

ブール【George Boole】

1815~1864) イギリスの数学者・論理学者。論理的推論を代数的演算で扱えるようにしたブール代数を完成、記号論理学の基礎を築いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ブール

生年月日:1924年9月21日
オーストリアの登山家
1957年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のブールの言及

【ブルク】より

…築城権はもともと国王大権に属していたが,ほぼ11世紀から聖俗貴族も独自にブルクを築くようになり,13世紀後半になると,その動きは下級貴族にまで広がった。なお,古ゲルマン語に由来すると思われるラテン語のブルグスburgusは,初期中世には,おそらくその防備機能のゆえに都市ないし都市的集落(フランス語でブール)を指すのに用いられ,そこから,都市住民はブルゲンセスburgenses(ビュルガーBürger)=市民と呼ばれるようになった。ブール【山田 欣吾】。…

【象嵌】より

… 木工では,地となる木材と色の異なる黒檀や紫檀,あるいは象牙,貝殻,獣骨,金,銀などを嵌め込んだ小箱,テーブル,キャビネットなどの豪奢な家具類もルネサンス以降各地で製作された。17,18世紀はべっこうとシンチュウで切嵌め象嵌したフランスのA.C.ブールによる〈ブール象嵌〉の家具や,シノアズリーの流行で東洋的な花鳥をモティーフとし,宝石,真珠,紅玉,ラピスラズリ,黒檀などを用いた華麗なキャビネットやテーブルが製作された。 陶器では,黄色地もしくは褐色地に白土を象嵌して図像をあらわした中世の舗床用の象嵌タイルがイギリス,フランス,ドイツに多くみられ,また近世以降では16世紀フランスのサントンジュ地方サン・ポルシェールで焼かれた白土地に黒褐色で細かい連続文様を象嵌した〈アンリ2世陶器〉が知られる。…

【論理学】より

…(4)近・現代――近・現代論理学は記号論理学ともいわれる。記号論理学は早くも17世紀に,ライプニッツによってその口火がきられたが,実質上の成立は,イギリスの数学者兼論理学者であるG.ブールの著《論理学の数学的分析》(1847)においてである。ブールによる論理学の数学化・記号化の試みは,一方においてはブール代数という形でコンピューターの基礎理論にまで発展し,他方では記号論理学という形で現代最新の論理学にまで発展する。…

【ナンガ・パルバット[山]】より

…ドイツ隊の数次にわたる試登では多くの人材が失われ,魔の山と呼ばれた。1953年にドイツ・オーストリア登山隊(K.M.ヘルリッヒコファー隊長)のH.ブールが単身で苦闘の末,初登頂に成功した。日本隊では83年富士山岳連盟が登頂。…

※「ブール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブールの関連キーワードPLANET OF THE APESブール(George Boole)5時から7時までのクレオヴェン図式(集合論)ローヤル・ソサエティサン・ミシェル通りマリー・ガラント島ブールコンポーゼアーモンドバターブーリアン演算ファジィモデル南アフリカ戦争ポート・サイドフィナンシエKLCC公園澄ましバタード・モルガンパンプーリャ充足可能問題デュトゥール

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブールの関連情報