コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘット fat

翻訳|fat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘット
fat

牛の脂肪組織からとった脂肪。 50℃以下で圧搾して得た硬脂を牛脂ステアリン,搾出された部分をオレオ油とかオレオマーガリンという。工業用牛脂は脂肪組織を原料として石鹸,ステアリン酸オレイン酸グリセリンの製造など種々の用途に供される。食用牛脂は腎臓や腸を原料とするものが多く,45℃以下で溶出された脂肪をさらに食塩水で洗浄して精製するプルミエル=ジュスというのが最良質のもの。スエットというのは腎臓からとった脂肪のことで,結締組織からとった脂肪と区別するための呼称。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘット(〈オランダ〉vet)

牛の脂肪からとった料理用のあぶら。ラードよりも高温で溶ける。牛脂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘット

獣脂の意味のドイツ語Fettから転訛した語で,一般に牛脂をいう。白色セッケン状で,食用に供されるものは新鮮な牛の脂肪結合組織を55〜60℃で溶出したもの。セッケン,蝋燭(ろうそく)の製造などにも使用される。
→関連項目動物油脂ラード

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

ヘット

 →牛脂

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘット

ドイツ語のFettまたは英語のfatからなまった言葉と思われる。日本では牛脂のことをいうことが多い。しかし牛脂は英語ではbeef tallowといい,いつごろから日本でヘットが牛脂を意味するようになったかはっきりしない。原義のFett,fatは動物性の組織から採取した固形の脂肪を意味する。これらの動物性の脂肪はレンダリングrendering法で製造される。レンダリング法はウェットレンダリング法とドライレンダリング法に大別される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘット【vet】

料理用の牛のあぶら。牛脂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘット
へっと

ウシの脂肪組織から溶出法で得る脂肪。英語ではbeef tallow(牛脂)というが、ヘットはfat(脂肪)のなまった語である。融点35~50℃。ヨウ素価35~60。不けん化物約0.3%。コレステロールを含む。主要成分脂肪酸はオレイン酸で含有量は40~50%。そのほかパルミチン酸25~30%、ステアリン酸15~30%、ミリスチン酸2~8%、リノール酸2~5%を含む。食用脂として用いられるが、その重要性はラード(豚脂)に比し小である。50~60%の飽和脂肪酸を含むから、牛肉の多食は血漿(けっしょう)中コレステロールの増量をきたし、またオレイン酸を多量に含有しているので、牛肉の焼き処理によりオレイン酸からヒドロペルオキシド(過酸化脂質)を生成しうるために、焼き肉の多食はとくに心臓関係のアテローム性動脈硬化症発生につながりやすい。食用に供しない種々の牛脂がせっけん製造などに用いるため生産される。牛脂を圧搾すれば、牛脂ステアリンと牛脂油(オレオオイル)とを得る。牛脂油は特殊潤滑油として使用される。[福住一雄]

食用

食用のヘットは、腎臓を用いたものがとくに高級品とされる。ヘットは、多くは業務用として揚げ油、マーガリン、ショートニング、カレールウなどの材料に用いられる。ラードより融点が高く、口中で溶けにくい。常温で固形なので熱い料理に用いる。[河野友美・山口米子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘットの関連キーワードネザーランド・ダンス・シアターヘテロジニアスネットワーク消化のよい食品・料理リストアルフレッド ヘットナーオットー シュリューターロバート グラートマンアラン・P. メリアムUターンアプローチラーズ ウルリッヒアーペルドールンシュリューターアペルドールンカラハツタケハーツホーンヘットナー石アトン賛歌ヘットナークレドナー人文地理学アルンヘム

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘットの関連情報