コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンレ Henle, Friedrich Gustav Jakob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンレ
Henle, Friedrich Gustav Jakob

[生]1809.7.19. バイエルン,フュルト
[没]1885.5.13. ゲッティンゲン
ドイツの解剖学者,病理学者。組織学の創始者。 1834年ベルリン大学で J.ミュラーの解剖助手,40年チューリヒ,44年ハイデルベルク,52年ゲッティンゲン各大学教授。乳び管,毛髪,血管,漿膜,肝,腎,眼,爪から中枢神経にいたるまで広範囲を対象に組織学的研究を行い,上皮組織および腎臓のヘンレ係蹄を発見。また論文『瘴気と接触伝染病』 Von den Miasmen und Contagien und von den miasmatisch-contagiösen Krankheiten (1840) では,R.コッホにさきがけて病原菌の存在を予測し,伝染病の病因を述べている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘンレ【Friedrich Gustav Jakob Henle】

1809‐85
ドイツの病理学,解剖学者。フュルトに生まれ,ベルリンに出てヨハネス・ミュラーの解剖助手となり,1840年チューリヒ大学,44年ハイデルベルク大学,そして52年以来没年に至るまでゲッティンゲン大学解剖学教授として精力的に活動し,小動脈中膜における平滑筋繊維および尿細管のヘンレ係蹄の発見など,数々のすぐれた業績を残した。また主著のうちの一つ《病理学研究》(1840)は,その第1部〈ミアスマコンタギウムについて〉の章で病原体の同定をめぐって展開されている方法論が理論的にはほとんど完璧に近いという点で,いまもなお微生物病原説の古典としての評価を保っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンレ
へんれ
Friedrich Gustav Jacob Henle
(1809―1885)

ドイツの解剖学者。ハイデルベルク、ボンの両大学で医学を学び、ベルリン大学のミュラーの下で解剖学を修めた。1840年チューリヒ大学、1844年ハイデルベルク大学、ついでゲッティンゲン大学解剖学教授となり、新興の組織学の研究で卓越した業績をあげた。その著作『一般解剖学』(1841)は顕微鏡的組織学を開拓するものである。細胞の構造、とくに上皮細胞の研究を進め、これが皮膚や胃腸などの内臓の表面、そして体腔(たいくう)の内表面のすべてを覆う重要な存在であることを明らかにした。そのほか組織学上の業績は、腎臓(じんぞう)のヘンレ係蹄(けいてい)(ヘンレのわな)、前立腺(せん)尿道部のヘンレ括約筋、末梢(まっしょう)神経のヘンレ鞘(しょう)、ヘンレ靭帯(じんたい)(鼠径(そけい)靭帯)、精細管のヘンレ細胞など、ヘンレの名を冠する多数の解剖学的構造物の名称に反映されている。
 病理学でも貢献し、1840年にはきわめて微細な動物性の伝染性病毒(病原性微生物)の存在を示唆している。[澤野啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヘンレの言及

【医学】より

…顕微鏡の性能が向上してくると,実際に,それらしいものを観察することができる。理論的に,もし,そのような微生物が病気の原因だとすると,実験的証明としてみたされなければならないのはなにかを,ベルリン大学の解剖学教授J.ヘンレは《ミアスマおよび接触伝染病原(コンタギウム)》(1840)において明らかにした。しかし,19世紀前半は,まだミアスマ説に従った衛生改革が成果をあげつつあり,コンタギウム説はあまり支持者がなかった。…

【コッホ】より

…1862年ゲッティンゲン大学に入学,医学を学ぶ。ここで,解剖学的業績とともに,病原微生物学史上,先駆的な見解を示したJ.ヘンレに多大な影響を受けた。卒業後しばらくは各地の病院に勤務したり,開業するなど,不安定な生活を送り,70年の普仏戦争には軍医として従軍するなどしたが,72年ボールシュタイン(現,ポーランドのボルシチン)で地方医師となる。…

【組織学】より

…なお,この時期の組織学の発展に関して見のがせない大きな要素は,顕微鏡の発達と,それに付随する固定,切片標本製作,染色などの技術の確立であった。 チューリヒ,ハイデルベルク,ゲッティンゲンの各大学で教授として活躍したJ.ヘンレは,1841年に《Allgemeine Anatomie》を著したが,これが系統的な組織学の開拓書である。上皮組織は彼の確立した概念である。…

※「ヘンレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘンレの関連キーワード腎臓のしくみとはたらきヘンレー・レガッタ膜性腎症の診断基準アマチュアリズムヘンレのループネフロンループジェントルマン7月19日ボート競技尿細管疾患フロセミド結膜結石ネフロン利尿薬腎単位腎小体腎臓

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘンレの関連情報