コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベアトリーチェ Beatrice

翻訳|Beatrice

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベアトリーチェ
Beatrice

イタリアの詩人ダンテが『新生』と『神曲』のなかに歌ったことから,永遠の女性の象徴としばしば考えられる。ボッカチオの説によれば,この女性はフィレンツェの名門フォルコ・ポルティナーリの娘で,銀行家シモーネ・デ・バルディに嫁ぎ,24歳で没したという。ダンテ自身は9歳のときに彼女を見そめ,また9年後に彼女の愛に打たれたと述べ,9が3の2乗で三位一体説を具現した数字であり,ベアトリーチェ (愛を施すもの) を天上と地上を結ぶ愛の導き手と考えて,作品のなかに文学史上不滅の存在として定着させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベアトリーチェ(Portinari Beatrice)

[1266~1290]イタリアの詩人ダンテの恋人。フィレンツェ生まれ。ダンテが終生の理想とした女性で、「新生」「神曲」などを創作する原動力となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベアトリーチェ

ダンテの愛した女性。《新生》の記述によれば,ダンテが9歳のときに彼女との最初の出会いがあり,その9年後に彼女から初めて会釈をされてダンテは夢心地になったとされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベアトリーチェ【Beatrice】

イタリアの大詩人ダンテが,《新生》《饗宴》《神曲》のなかに描いた女性。ダンテ諸作品の注釈家たちによって,古来,フィレンツェの名門フォルコ・ディ・リコーベロ・デイ・ポルティナーリFolco di Ricovero dei Portinariの娘ビーチェBiceであるとされてきた。長じて銀行家シモーネ・デイ・バルディSimone dei Bardiに嫁ぎ,1296年6月8日に31歳で没した。ボッカッチョもこの女性をダンテ作中のベアトリーチェに非常に近い人物としているが,本来ベアトリーチェという言葉には〈至福を与える女〉の意味が含まれていて,ダンテ自身《新生》のなかで,彼女と出会ったのは両者が9歳のとき,またその9年後にも出会ったと説くなど,象徴的存在であることは否定できない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ベアトリーチェ【Beatrice】

ダンテの恋人。彼女への愛が、その後の彼の創作の原動力となった。「新生」はもっぱら彼女への思慕を歌ったものであり、「神曲」では煉獄界から天上界を遍歴するダンテの道案内となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベアトリーチェ
べあとりーちぇ
Beatrice

イタリア中世末期の大詩人ダンテが『新生』『神曲』などに詩的に描いた女性。清新体派の代表的詩文集『新生』のなかでは、ダンテとベアトリーチェがそれぞれ9歳のときに初めて出会い、さらに9年後にまた巡り会ってダンテは詩的霊感を受けるが、まもなく彼女は亡くなってしまう。『神曲』のなかでは、「地獄編」から「煉獄(れんごく)編」にかけて、ラテンの大詩人ウェルギリウスの霊魂に導かれてダンテは彼岸(ひがん)の世界の旅をするが、煉獄山上の楽園から「天国編」にかけては、ベアトリーチェの霊魂に導かれて神の真理をかいまみる。このことから、ベアトリーチェを「愛」の寓意(ぐうい)と解釈するのが一般であるが、彼女を実在の理想の女性とする説もある。フィレンツェ共和国の名門フォルコ・ディ・リコーベロ・ディ・ポルティナーリの娘ビーチェがそれであり、彼女は銀行家シモーネ・ディ・バルディに嫁して、1296年6月8日に31歳で没した。
 日本においては、明治から大正にかけて、もっぱらキリスト者やラファエル前派の影響を受けた詩的解釈によってダンテの翻訳紹介が行われ、上田敏(びん)や阿部次郎らもベアトリーチェを実在した久遠の女性ととらえている。ただし、正宗(まさむね)白鳥や花田清輝(きよてる)らのごとくこれを冷静に批判するダンテの読み手たちもいた。[河島英昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のベアトリーチェの言及

【イタリア文学】より

…この自負は,〈愛〉をめぐる詩法の転換に基づいている。 長いあいだ中世文学の主要な関心事であった〈愛〉は,ダンテにいたってベアトリーチェを見いだし,三位一体説を詩的構造に取り入れることによって,寓意としての〈愛〉になった。《新生》のなかで,詩人は9歳の終りごろ,9歳の初めに近い少女に出会い,さらに9年後には美しく成長したベアトリーチェ(愛を与える者)に再会したと述べる。…

【新生】より

…内訳は短詩28編とカンツォーネ編で,これらの詩編を中央のカンツォーネの前後に振りわけて,10+(10+1)+10=31編という構造をとらせ,三位一体説の数字に基づき(32+1=10),〈愛〉の物語を展開する。ダンテが9歳のときに同じく9歳の少女ベアトリーチェに恋心を抱いたという形をとっているために,古来,現実的で清純な〈愛〉を歌った物語として読まれる傾向があり,とくにロマン主義的解釈とラファエル前派の詩人たちの影響もあって,日本にはこの種の解釈による翻訳と紹介がなされてきた。しかしながら,《新生》は何よりも清新体派の詩人群のなかにあって,寓意の〈愛〉を軸に新しい文学的境地をひらいたダンテの詩論の書であり,かつ詩的宣言の書である。…

【ダンテ】より

…《神曲》のなかでダンテの導き手となったウェルギリウスに代表されるように,ラテン諸作家を規範としただけでなく,古代ギリシアの文学的伝統やアラブ世界の思想も取り入れ,他方ではシチリア派やトスカナ派の詩人たちと実作上の詩法を競い,G.カバルカンティとグイニッツェリGuido Guinizzelliの影響を受けて,〈愛〉の詩的概念を転換させ,《新生》を著して清新体派の雄となった。その詩的契機が,1274年のベアトリーチェとの出会いである。 青年時代のダンテはフィレンツェの市政に積極的に従事するとともに,政争の渦中に巻きこまれてゆく。…

※「ベアトリーチェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベアトリーチェの関連キーワードヴェラ コミサルジェフスカヤ「イル・ポスティーノ」ボリス パパンドプロコミサルジェフスカヤコメディア・デラルテ新生(ダンテの作品)イタリア文学マティルダジュディチエステ家「神曲」ソラーリ道案内ラウラ天上界思慕

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベアトリーチェの関連情報