コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイン ベインBain, Alexander

5件 の用語解説(ベインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベイン
ベイン
Bain, Alexander

[生]1818.6.11. アバディーン
[没]1903.9.18. アバディーン
イギリスの哲学者,心理学者。アバディーン大学卒業 (1840) 後,J. S.ミルらと交友関係を結んだ。 1860~80年同大学教授。心理学的には,連想心理学の立場に立ち,倫理学的には,ミルの功利主義に近い立場に立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベイン
ベイン
Vane, Sir John Robert

[生]1927.3.29. ターデビッグ
[没]2004.11.19. ファーンバラ
イギリスの生化学者,薬学者。バーミンガム大学卒業後,オックスフォード大学で学び,1953年に博士号取得。アメリカエール大学で研究後イギリスに戻り,ロンドン大学基礎医学研究所に入所。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベイン
ベイン
Bain,Joe Staten

[生]1912.7.4. アメリカ,ワシントン,スボケイン
アメリカの経済学者。カリフォルニア大学ロサンゼルス校卒業後 (1935) ,ハーバード大学に学び修士号 (39) ,博士号 (40) を取得。カリフォルニア大学バークリー校で教鞭をとりはじめ (39) ,1945年教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ベイン

米国の経済学者。主著《新しい競争への障壁》(1956年)では,諸産業への参入障壁を測定し,それを市場構造の決定要因のみならず,市場行動,市場成果に対して予測可能な効果を持つものとして分析した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベイン
べいん
John Robert Vane
(1927―2004)

イギリスの薬理学者。バーミンガム郊外のウースターシャーに生まれる。バーミンガム大学で化学を学ぶ。卒業後にオックスフォード大学に進み、薬理学を専攻、1953年博士号を取得した。同年渡米してエール大学の薬理学準教授となったが、2年後にイギリスに戻り、ロンドン大学の基礎医学研究所の講師につき、のち実験薬理学教授に昇進した。18年間研究所に在籍したが、1973年に製薬会社が運営するウェルカム財団の研究・開発部長に転じた。ロイヤル・ソサイエティー(王立協会)、アメリカ科学アカデミーなど多くの学術団体の会員になった。1993年(平成5)には聖マリアンナ医科大学(川崎市)の客員教授を務めた。
 生理活性物質であるプロスタグランジンに注目し、その生理学的研究を進めた。1960年代に、微量物質の作用を調べるための感度のよい生物検定法を発明し、この方法を用いて、1971年にアスピリンによってプロスタグランジンの生成が抑制されることをつきとめた。さらに1976年に血小板の凝集作用を阻止するプロスタグランジンI2(プロスタサイクリン)を発見した。これらの一連の業績によって、1982年にノーベル医学生理学賞を受賞した。プロスタグランジンの先駆的研究を行ったスウェーデンのベルイストローム、サミュエルソンとの共同受賞であった。[編集部]
Nobel Prize Winners(1987, H.W.Wilson, New York)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベインの関連キーワード梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席ねぶた祭松浦武四郎アッカーマン機構

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベインの関連情報