コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンティンク ベンティンクBentinck, Lord William (Henry Cavendish)

6件 の用語解説(ベンティンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンティンク
ベンティンク
Bentinck, Lord William (Henry Cavendish)

[生]1774.9.14. バルストロード
[没]1839.6.17. パリ
イギリスの軍人,イギリス領インドの政治家。マドラス管区知事 (1803~07) をつとめたのち,シチリア駐在イギリス軍司令官となったが再びインドに渡り,1828年ベンガル総督となり,33年ベンガル総督がインド総督と改名されると,そのまま初代インド総督となった (33~35) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベンティンク
ベンティンク
Bentinck, Lord (William) George (Frederick Cavendish)

[生]1802.2.27. ノッティンガムシャー,ウェルベック
[没]1848.9.21. ノッティンガムシャー,ウェルベック
イギリスの政治家。4代ポートランド公爵の第5子。数年間陸軍に勤務したのち,1828~48年下院議員。初めはホイッグ党であったが,次第にトーリー党に移行。 R.ピール穀物法撤廃法案に反対して,保守党内の保護貿易主義者を結集して法案成立阻止に専念した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベンティンク
ベンティンク

「ポートランド (伯)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ベンティンク

英国のインド総督。首相を務めたポートランド公の次男。陸軍勤務ののち,1803年マドラス知事(−1806年),1828年ベンガル総督を経て1833年初代インド総督となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベンティンク【William Henry Cavendish Bentinck】

1774‐1839
イギリスのインド行政官。マドラス知事(1803‐06),ベンガル総督(1828‐33)を経て,初代インド総督(1833‐35)。インド統治の効率化と,西欧的原理のインド社会への導入などを図って,さまざまな改革を行った。彼は,赤字だったインド財政を黒字化する一方,行政,警察,裁判の機構の改革や地税の課税基準の緩和を行い,行政や裁判へのインド人の採用を増大させた。さらに,インド人への英語教育を推進するとともに,ラーム・モーハン・ローイなどに協力して,寡婦焚死(サティー)の慣行を禁止(1829)したことは有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベンティンク
べんてぃんく
William Cavendish Bentinck
(1774―1839)

イギリスの貴族、軍人。東インド会社のベンガル総督およびインド総督(在任1828~35)。インド統治上では県収税官と県判事との兼職制の実施、下級行政・司法職へのインド人登用、北西州の地租行政の整備、寡婦殉葬(サティー)慣行の禁止など一連の改革と、シンド諸領邦およびパンジャーブシク王国との外交通商関係の締結、アフガニスタン王位継承への介入準備とで知られる。任後下院議員に選ばれた。[高畠 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベンティンクの関連キーワードルイルイ福永十三郎嶺春泰ルイ[16世]落語バヌアツオオカミの再導入酒田大火ノーフォーク島の歴史

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone