コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンバ族 ベンバぞくBemba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンバ族
ベンバぞく
Bemba

バベンバ族 Babemba,アウェンバ族 Awembaともいう。母系の中央バンツー語系諸族のうち最大の民族。ザンビア北東部の高原とその周辺に住み,人口は 200万以上と推定される。ルバ帝国の末裔と考えられる。神官でもある王の統治する中央集権的国家を形成し,各地方は王族が首長となって支配し,貴族,平民の階級に分れる。婚資の制度があり,複婚的合同家族は,結婚当初は妻方居住制をとる。地域性をもたない 40のトーテム的母系氏族が外婚単位をなす。雑穀類の焼畑耕作を営み,30~50戸の小屋から成る村は4~5年で移動する。 1960~70年代には,男性の多くが南方の鉱山地帯へ出稼ぎに出た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベンバぞく【ベンバ族 Bemba】

アフリカ中南部,ザンビア共和国北東部の高原地帯に居住する農耕民。人口約40万。ベンバ語はバントゥー語に属し,ザンビアでも有力な言語で,国語の一つになっている。伝承によると,ベンバ族は今日のコンゴ民主共和国のシャバ地方に起源をもち,ルバ族の末裔であって,約200年ほど前に初めてこの地に移住してきたという。この最初の移住集団の子孫が,首長を出す有力なクランを構成している。19世紀には,パラマウント・チーフ(最高首長)を擁する強大な王国を形成し,周辺の諸部族を支配したが,その軍事力はアラブとの交易により手に入れた鉄砲に依存していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベンバ族の関連キーワードバングウェウル湖

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android