コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベン・グリオン ベングリオン

2件 の用語解説(ベン・グリオンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ベン・グリオン

イスラエルの政治家。ポーランド生れで早くからシオニズム運動に参加。第1次大戦中米国でユダヤ人部隊を組織してパレスティナで戦った。戦後も同地にとどまり,1921年―1933年マパイ党書記長,1935年シオニズム機関委員長となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベン・グリオン
べんぐりおん
David Ben-Gurion
(1886―1973)

イスラエルの政治家。シオニズム運動の指導者、初代首相。ポーランドのプロンスクに生まれ、早くからシオニズム青年組織に参加。1906年パレスチナへ移住し、シオニズム運動の活動家となる。1920年ヒスタドルート労働総同盟)を結成し、その書記長となる。1930年マパイ党を結成し、1965年まで指導。1933年ユダヤ機関の執行部メンバーとなり、1935~1948年その議長。1947年国連のパレスチナ分割決議後、民族評議会議長に選ばれ、安全と防衛の責任を担った。独立後1948年5月臨時政府の首相兼国防相となり、翌1949年正式に首相兼国防相に就任し、1953年まで務める。1955~1963年ふたたび首相兼国防相となる。1965年マパイ党を去り、新党ラフィを結成するが、第三次中東戦争後に、ラフィがマパイ、アフダト・ハボダと合体してイスラエル労働党を結成したときには、これに不参加。1970年政界引退。イスラエル独立の象徴的存在である。著書に『イスラエル――私史』Israel : A Personal Historyがある。[伊能武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベン・グリオンの関連キーワードベングリオンポーランド回廊ポーランド語ポーランド分割ライエルグレツキイスラエルのアラブ人イースランドイスラエルロビーアイスランドホース種 (Icelandic Horse)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベン・グリオンの関連情報