コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベームバウェルク Eugen von Böhm-Bawerk

大辞林 第三版の解説

ベームバウェルク【Eugen von Böhm-Bawerk】

1851~1914) オーストリアの経済学者。オーストリア学派の重鎮。独創的な資本利子理論を展開して資本の近代理論の道を開く。マルクス価値論批判でも有名。著「資本の積極理論」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ベームバウェルクの関連キーワードオーストリア学派重鎮

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android