コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンザ ペンザ Penza

4件 の用語解説(ペンザの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペンザ
ペンザ
Penza

ロシア西部,ペンザ州の州都。ボルガ川沿岸丘陵西斜面,スラー川ペンザ川が流入する地点にある。 1666年ロシアの南境を守る要塞が建設されたことに始り,クリミヤタタールの侵入がなくなったのち,この地域の農業中心地として発展,モスクワへ穀物を供給した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペンザ

ロシア,ボルガ川の支流スラ川両岸の都市で,同名州の州都。機械,自転車,時計,計算機,電気機器などの工業が行われる。1666年創設。50万6672人(2009)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ペンザ【Penza】

ロシア連邦の同名州の州都で,ボルガ川支流スラ川両岸に展開する。人口55万2000(1993)。17世紀後半設置の要塞が町のはじまりで,しばしばクリム・ハーン国ノガイ・タタールの襲撃を受けた。1670年にはラージン軍に,1774年にはプガチョフ軍に占拠された。要塞周辺の開発に伴い,農業地帯の商業的中心として発展,穀物はモスクワに供給された。現在は農産物加工のほか,機械生産などでこの地方の工業中心地の一つでもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペンザ
ぺんざ
Пенза Penza

ロシア連邦西部、ペンザ州の州都、工業都市。人口53万3300(1999)。プリ(沿)ボルガ丘陵西斜面、ペンザ川がスラ川に流入する地点に、1663年ロシアの南境を守る要塞(ようさい)が築かれた。その後、穀物取引の中心地となり、19世紀末から食品工業が発展し始めた。ロシア革命(1917)後のペンザの発展は、モスクワとプリボルガ、ウラルとを結ぶ通路にあたる有利な交通地理的位置にあるところから生じ、各種の工業が発展した。主要工業は機械(時計、ディーゼルエンジン、コンプレッサー、軽工業、化学工業設備製造)、家具、食品工業である。工科、機械、教育、農業の各大学、美術館、人形劇場などの教育・文化施設も多い。鉄道、道路の分岐点で、空港がある。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペンザの関連キーワードキーロフボルガ川ボルゴグラードモスクワヤロスラブリСаратовウドムルトウリヤノフスクビャトカニジニ・ノブゴロド

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペンザの関連情報