ホイットマン(読み)ほいっとまん(英語表記)Walt Whitman

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホイットマン(Walt Whitman)
ほいっとまん
Walt Whitman
(1819―1892)

アメリカの詩人。5月31日、ニューヨーク州ロングアイランドに生まれる。父は大工で、トマス・ペインの人権思想の心酔者。母はオランダ系移民の家に生まれ、陽気で自由な性格の女性。1823年、一家はブルックリンに移住したが家計は楽ではなく、ホイットマンは学業を中断し、自立を図る必要に迫られた。1836年には故郷に帰って教職につき、あるいは独力で週刊誌の発行を試みる。1840年の大統領選挙には民主党の側にたって運動し、これがきっかけで、翌年以後政治ジャーナリストとしての生活に入る。1846年にはブルックリンの民主党系新聞『日刊イーグル』の主筆となり、新しく合衆国に加わる地域はすべて自由州と認めさせるフリーソイル(自由な土地)運動を提唱した。しかし彼の所論は民主党保守派の怒りを招き、1848年に職を追われ、新たに結成されたフリーソイル党の機関紙『週刊フリーマン』の主筆になる。しかしその年の大統領選挙に敗れた衝撃から多くの党員が民主党保守派に転向し、そのため孤立無援となったホイットマンは翌1849年秋、読者への決別のことばを紙上に掲げて辞職する。
 1850年代に入ると、彼は議会や政治家を風刺するエピグラムを発表するようになる。一方では乗合馬車の御者席のかたわらに座ってブロードウェーを往来し、民衆の活気を吸収しようと努め、あるいは家業を手伝いながら、読書と思索にふけった。つまりこの時期に詩人ホイットマンが誕生したといえる。現にこのころに書かれた詩には、すでに『草の葉』にみなぎる独特のリズムが聞かれる。
 1855年7月、詩集『草の葉』が世に出た。わずか95ページ、12編の無題詩と長い序文を収めたこの匿名詩集は、従来の伝統詩型や措辞を無視して展開される伸びやかで大胆なビジョンのゆえに、単にアメリカだけでなく、世界の詩の流れに深刻な影響を与えた。初版『草の葉』の奔放無頼な世界は、第三版(1860)になると、新たに収められた『カラマス』などの詩群を通して、愛と連帯の理念が表面に押し出され、秩序と構成を備え始める。この変化の背景には、詩人がアメリカの未来についてしだいに危機感を深めていたという事情がある。初版では『ぼく自身の歌』など叙事詩的広がりを備えた詩を書いた彼が、第三版以後『はてしなく揺れる揺りかごから』のような優れた叙情詩を書くようになる。同じ危機感は論文『民主主義の未来像』(1871)にも濃厚に表れていて、南北戦争後のアメリカ社会の物質主義的風潮が批判され、「人格主義」の必要が説かれている。
 1862年冬、従軍中の弟が負傷し、前線に駆けつけたことがきっかけになって、1863年以後ワシントンで役所勤務のかたわら病院で傷病兵の看護に献身する。合衆国が分裂の危機を切り抜け統一を守りえた経過と、苦痛と死に耐える若い兵士たちの姿を目の当たりにした経験を通して、ホイットマンの心にアメリカの未来への希望がよみがえった。1865年、南北戦争を素材とする小詩集『軍鼓のひびき』を出版、翌年にはリンカーン大統領への挽歌(ばんか)『先ごろ前庭にライラックが咲き』を含む続編を出版。1873年、突然中風の発作に襲われるが、当時ニュー・ジャージー州キャムデンに住む母の急病を聞いて駆けつける。母の死後もその地にとどまって療養に専念し、西部やカナダへ旅行できるほどに回復した。1882年には『自選日記その他』を出版、このころ文名ようやくあがり、国の内外から多くの訪問者が訪れるようになった。しかし体力の衰えも手伝って、しだいにペシミズムに傾き、1888年ふたたび発作に襲われ、1892年3月26日、肺炎を併発して死亡。
 日本では没年(1892)に夏目漱石(そうせき)によって紹介され、民主主義詩人として、有島武郎(たけお)のほか白鳥省吾(しろとりせいご)、富田砕花(さいか)らの民衆詩派に大きな影響を与えた。[酒本雅之]
『亀井俊介著『近代文学におけるホイットマンの運命』(1970・研究社出版) ▽亀井俊介他訳『ウォルト・ホイットマン』(1976・研究社出版) ▽杉木喬訳『ホイットマン自選日記』全2冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホイットマンの関連情報