ホウキギ

  • Kochia scoparia (L.) Schrad.
  • ほうきぎ / 箒木

百科事典マイペディアの解説

ユーラシア大陸原産のアカザ科一年草。各地に野生化し栽植もされる。は高さ1m内外,多数分枝し,全体が球形となる。葉は互生し,倒披針形。8〜9月葉腋に花穂を出し,淡緑色の小さな花を多数つける。秋,全草が紅紫色に紅葉する。実はとんぶりとよばれて食用になり,若い葉も食べられる。茎はかわかして(ほうき)とされる。東海地方〜九州の海岸には近縁のイソホウキギが野生する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカザ科の一年草。ホウキグサともいう。古名ハハキギ。中国原産。茎は直立して高さ約1メートルとなり、下部から著しく分枝し、枝は開出する。これで草箒(くさぼうき)をつくるのでホウキギの名がある。葉は互生し、倒披針(とうひしん)形または狭披針形で長さ2~4.5センチメートル、幅3~7センチメートル、基部はしだいに狭まり、3脈が目だち、両面に褐色の絹毛がある。雌雄同株。10~11月、葉腋(ようえき)に淡緑色で無柄の花を1~3個束生し、大きな円錐(えんすい)花序をつくる。花被(かひ)は扁球(へんきゅう)形の壺(つぼ)状で5裂し、裂片は三角形、果実期には、花被片の背部に各1個の水平な翼ができて星形となる。種子は扁平(へんぺい)な広卵形で、長さ1.5ミリメートル。

[小林純子]

食用

若い葉は摘んでひたし物や和(あ)え物として食べ、種子を「とんぶり」とよび、食用にする。とんぶりの作り方は、果実を煮てから水に浸し、ざるにとって流水中で手でよくもみ、殻を除いて種子だけとする。種子は吸水して膨らみ、透明感がある淡緑白色で、「植物のキャビア」と例えられる。三杯酢などで味つけし、酒の肴(さかな)や納豆に混ぜる。とんぶりは秋田県などが特産地である。

[星川清親]

文化史

種子を中国では地膚子(じふし)の名で、3~4世紀ころから薬にし、『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)集注』(500ころ)には利尿剤や強壮剤としての用途があげられている。日本では『延喜式(えんぎしき)』に雑薬として、武蔵(むさし)国と下総(しもうさ)国からの献上が記録されている。江戸時代には広く庭や畑で栽培され、生鮮野菜以外に、若葉を熱湯にくぐらせて乾燥保存もされた。

[湯浅浩史]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホウキギの関連情報