ホッケ(英語表記)Pleurogrammus azonus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホッケ
Pleurogrammus azonus

カサゴ目アイナメ科の海水魚。全長 60cm内外。体は長紡錘形で深く二叉した尾鰭をもつ。眼の上方に 1本,その上後方に 2本の皮弁がある。5本の側線をもち,鱗は小さく,櫛鱗。体は暗褐色下方は淡く,体側暗色の横帯がある。産卵期(9月~2月)に雄はコバルト色に鮮黄色の斑紋がある婚姻色を現す。茨城県・長崎県対馬海峡以北,黄海オホーツク海千島列島周辺に分布する。美味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホッケ

ドイツの批評家,作家。ベルギー,ブリュッセル生れ。ベルリン,ボンの各大学に学び,後者でE.R.クルティウスに師事した。ロマンス語研究から一転,1940年以降はイタリアにあって新聞社通信員を務めつつ文筆活動。2冊のマニエリスム論《迷宮としての世界》(1957年)と《文学におけるマニエリスム》(1959年)は,師の学風を継ぎ,マニエリスムを古典主義の硬直に絶えず対抗する歴史的常数ととらえる野心作で,その復権に大いに寄与した。ほかに《絶望と確信》《ヨーロッパの日記》,小説《マグナ・グラエキア》など。

ホッケ

アイナメ科の魚。幼魚をアオボッケ,若魚をロウソクボッケという。成魚は全長40cm。北海道に多いが,南サハリンから対馬海峡付近および茨城県まで分布する。幼魚は表層にすんで体色は青みを帯びるが,成長につれて底にすむようになり,褐色を帯びてくる。昔はニシンの天敵とされ価値は低かった。しかし現在では産額はかなり多く,鮮魚として用いられるほか,塩ホッケ,練製品の材料などにされる。
→関連項目ギンダラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

ホッケ

 [Pleurogrammus azonus].カサゴ目アイナメ亜目アイナメ科の海産魚.50cmほどになる.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホッケ【Pleurogrammus azonus】

カサゴ目アイナメ科の海産魚(イラスト)。英名はAtka mackerel(アッカのサバ)という。北海道に多いが,南サハリンから対馬海峡付近および茨城県まで分布する。全長40cmくらいになる。背びれの棘条(きよくじよう)と軟条部の間に切れ込みがなく,尾びれが2叉し,側線が5条あることが特徴。体色は暗黄色か暗緑色。ホッケに〈

ホッケ【Gustav René Hocke】

1908‐87
マニエリスム研究で知られるドイツの批評家,作家。ベルギーのブリュッセルに生まれ,E.R.クルティウスに就いて哲学博士号を取得した。1940年以降新聞社のローマ派遣員となり,イタリア南部に残るギリシア文化に開眼。第2次大戦後相ついで公刊された2冊のマニエリスム研究書《迷宮としての世界》(1957),《文学におけるマニエリスム》(1959)は,M.ドボルジャークの《精神史としての美術史》並びにクルティウスの《ヨーロッパ文学とラテン的中世》の系譜を継ぐ,16,17世紀マニエリスム文学芸術研究として高い声価を得た。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

ホッケ[水産]
ほっけ

北海道地方、北海道の地域ブランド。
主に稚内市小樽市などで水揚げされている。カサゴ目アイナメ科の魚で、全長は約50cmほど。主として真ホッケと、単にホッケと呼ぶシマホッケがあり、真ホッケのほうが味も質も上とされる。北海道の沿岸では5月〜7月と11月に多く漁獲されるが、旬は5月から7月にかけて漁獲されたもの。開きほっけは、北海道を代表する干物の一つである。塩焼きやフライ、チャンチャン焼きなどの調理方法がある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内のホッケの言及

【映画】より

…例えば《残酷物語》(1883)の中の〈天空広告〉という短編では,まだ幻灯機も珍しかった時代に,天空をスクリーンとする壮大な〈映画〉を予見している。 〈映画〉はそもそも〈有用なものと快適なものとをごっちゃにし,遊びながら人間の本当の顔を開示する〉とG.R.ホッケが定義した,〈魔術師〉たちの〈遊戯機械〉〈悪魔の発明〉であったのである。
【映画の誕生】
 《映画の考古学》の著者C.W.ツェーラムは,映画の誕生を次のようにいっている。…

【マニエリスム】より

E.R.クルティウスは美術史との対照を抜きにして,古代末期,16~17世紀,20世紀に主要な頂点を有する反古典的文学傾向を指す常数としてこの概念を使用し,ソフォクレス,ウェルギリウス,ラシーヌ,ゲーテの名を挙げて,語順転倒,奇妙な隠喩,同音異義語による言葉遊び等の技巧からなる装飾過剰の文体を,マニエリスムの特徴と規定した。他方,G.R.ホッケはこの師の精神史理論を社会心理学の方向へ組みかえ,幻想,偏執,神秘,奇怪といった特色を帯びた文化現象全体をマニエリスムと規定し,古典主義との関係では,対立よりも共存と補完性を強調し,その詩人としては,ゴンゴラ,マリーノ,ドービニェ,ランボー,マラルメ,ブルトン,シェークスピア,ダン,イェーツ,ツェラーンを挙げる。定義が膨張するにつれてバロックとの区別が問題となるが,M.レーモンはマニエリスム対バロックを技巧性対表現性,装飾性対機能性,偏心性対統一性,幻想の夢幻的表出対幻想の現実的表出,文人向き対大衆向きという基準で考え,混乱の収拾をはかった。…

※「ホッケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホッケの関連情報