コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホテイラン

3件 の用語解説(ホテイランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホテイラン

本州中〜北部の深山の針葉樹中にまれにはえるラン科の多年草。地下の浅いところに小さい偽球茎があり,先端に1本の花茎と1枚の葉をつける。葉は楕円形で縦ひだがあり,裏面は紫色を帯びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホテイラン【Calypso bulbosa (L.) Oakes var.speciosa (Schltr.) Makino】

亜高山の針葉樹の林床にまれに生え,美しい花を咲かせる小型のラン科の地生ラン(イラスト)。学名は,ギリシア神話の海の妖精カリュプソに,和名は,その唇弁の形を七福神の布袋に見立てたもの。茎の基部は偽球茎となる。偽球茎の側方より新しい芽が伸長し,秋に葉を1枚展開して越冬する。葉は楕円形で長さ2.5~5cm,裏面は紫色をおびる。5月ころ,高さ10cmくらいの花茎の先に花を1個つける。花は淡紅色で径約3cm弱,やや下向きに開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホテイラン
ほていらん / 布袋蘭
[学]Calypso bulbosa (L.) Oakes var. speciosa (Schltr.) Makino

ラン科の多年草。偽鱗茎(りんけい)があり、1枚の葉と1本の花茎をつける。葉は楕円(だえん)形で長さ2.5~5センチメートル、裏面は紫色を帯びる。5月ころ、高さ約10センチメートルの花茎の先に、花を1個やや下向きに開く。花冠は径約3センチメートル、淡紅色で美しい。萼片(がくへん)と側花弁は同形、狭披針(きょうひしん)形で開出する。唇弁はスリッパ状の袋になり、2裂する距(きょ)がある。亜高山の針葉樹林下に生え、中部地方以北の本州にまれに分布する。基本種は北半球の亜寒帯に広く分布する。名は、膨れた唇弁を布袋(ほてい)の腹に見立てたもの。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホテイランの関連キーワード針葉樹針葉樹林森林限界タイガ軟材亜高山帯二葉蘭布袋蘭鱒茸竹縞蘭

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホテイランの関連情報