コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホテイラン

百科事典マイペディアの解説

ホテイラン

本州中〜北部の深山針葉樹中にまれにはえるラン科多年草。地下の浅いところに小さい偽球茎があり,先端に1本の花茎と1枚の葉をつける。葉は楕円形で縦ひだがあり,裏面紫色を帯びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホテイラン【Calypso bulbosa (L.) Oakes var.speciosa (Schltr.) Makino】

亜高山の針葉樹の林床にまれに生え,美しい花を咲かせる小型のラン科の地生ラン(イラスト)。学名は,ギリシア神話の海の妖精カリュプソに,和名は,その唇弁の形を七福神の布袋に見立てたもの。茎の基部は偽球茎となる。偽球茎の側方より新しい芽が伸長し,秋に葉を1枚展開して越冬する。葉は楕円形で長さ2.5~5cm,裏面は紫色をおびる。5月ころ,高さ10cmくらいの花茎の先に花を1個つける。花は淡紅色で径約3cm弱,やや下向きに開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホテイラン
ほていらん / 布袋蘭
[学]Calypso bulbosa (L.) Oakes var. speciosa (Schltr.) Makino

ラン科の多年草。偽鱗茎(りんけい)があり、1枚の葉と1本の花茎をつける。葉は楕円(だえん)形で長さ2.5~5センチメートル、裏面は紫色を帯びる。5月ころ、高さ約10センチメートルの花茎の先に、花を1個やや下向きに開く。花冠は径約3センチメートル、淡紅色で美しい。萼片(がくへん)と側花弁は同形、狭披針(きょうひしん)形で開出する。唇弁はスリッパ状の袋になり、2裂する距(きょ)がある。亜高山の針葉樹林下に生え、中部地方以北の本州にまれに分布する。基本種は北半球の亜寒帯に広く分布する。名は、膨れた唇弁を布袋(ほてい)の腹に見立てたもの。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホテイランの関連キーワード釣舟蘭井上

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホテイランの関連情報