コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホラガイ(法螺貝) ホラガイ

百科事典マイペディアの解説

ホラガイ(法螺貝)【ホラガイ】

フジツガイ科の巻貝。日本最大の巻貝で高さ40cm,幅20cm以上になる。殻は細長い紡錘形で厚質。黄褐色地に多数の黒褐色半月斑が並ぶ。紀伊半島以南の西太平洋,インド洋に広く分布し,潮間帯下の岩礁底にすむ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホラガイ【ホラガイ(法螺貝) trumpet triton】

フジツガイ科の日本最大型の巻貝(イラスト)。殻の高さ43cm,幅22cmに達する。卵円錐形で螺塔は高く10層余になる。殻頂部は赤みを帯びる。螺層は低くて太い螺肋(らろく)をめぐらし,黄褐色の地に多くの暗褐色の半月形の斑紋が成長脈に沿ってあるが,これはヤマドリの羽の模様に似ている。幼貝は細く高いが,成貝では最後の体層が丸くよく膨らむ。殻口は大きく,外縁は丸く湾曲し,外側へ広がり厚くなる。殻口内は紅橙色。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホラガイ(法螺貝)の言及

【貝】より

… このほか,ヤップ島ではクロチョウガイを磨いて穴をあけた貝貨や,シロチョウガイを短冊形にした貝貨が使われ,アメリカインディアン(西海岸)ではツノガイをひもで通して貝貨とした。
[信仰,俗信]
 ホラガイの殻の細くなった先に歌口をつけて吹くと,殻内で共鳴して大きい音が出るので,戦陣での号令,時報などに使われ,また山岳宗教では修験者(山伏)の携帯具となっている。字も法螺貝と仏教に関係深い。…

【山伏】より

…山岳で修行することによって超自然的な力を体得し,その力を用いて呪術宗教的な活動を行うことを旨とする修験道の宗教的指導者。山に伏して修行することから山伏と呼ばれた。山臥とも書く。また験を修めた者という意味で修験者,一宗一派にかたよらず諸山を歴訪するところから客僧ともいわれる。 日本では古来山岳は霊地としてあがめられていたが,奈良時代以降仏教や道教の影響で山岳で修行し,験力をえて呪術を行う者があらわれてきた。…

※「ホラガイ(法螺貝)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ホラガイ(法螺貝)の関連キーワード法螺

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android