コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホラガイ Charonia tritonis; trumpet shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホラガイ
Charonia tritonis; trumpet shell

軟体動物門腹足綱フジツガイ科。高 40cm,殻径 19cmに達する大型巻貝。殻は卵円錐形,螺塔は高く,体層は大きく丸くふくらむ。殻表には太く低い螺肋があり,その上に紅,白,褐色などの三日月状斑が交互に多数現れ,ヤマドリの羽のような模様になる。螺層上に 240°ごとに休止の縦肋を生じる。殻口は大きく,外唇は丸く,縁は外方へ広がる。殻口内は紅色。ふたは卵形,革質で厚く,黒褐色。軟体は淡黄色地に褐色の小斑を散らす。また触角は黄色と黒褐色の帯が交互に取巻く。紀伊半島以南,太平洋,インド洋に広く分布し,潮間帯下の岩礁やサンゴ礁にすみ,ヒトデ類を好んで食べている。肉は食用。殻は先端を切って吹くと大きな音が出るので,南洋などでは楽器として使われる。なお山岳仏教では修験道の山伏の携帯品となり,法螺として吹鳴らす。また時報にも用い,その昔戦陣の合図にしたので陣貝ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホラガイ
ほらがい / 法螺貝
trumpet shell
[学]Charonia tritonis

軟体動物門腹足綱フジツガイ科の巻き貝。大形種で、紀伊半島以南の熱帯西太平洋からインド洋にかけて分布し、サンゴ礁の潮間帯下にすむ。殻高は40センチメートルを超え、殻径も19センチメートルに達し、日本では巻き貝中の最大種である。殻は厚く堅く重く、螺層(らそう)は10階以上あり、上方の螺層はやや細いが、体層はとくに大きく丸く膨らむ。螺層上には低くて丸みのある太い螺肋(らろく)があり、その上には褐色、紅色、白色などの半月形の斑紋(はんもん)が交互に現れて、ヤマドリの羽状の文様を表す。ところどころに縦張肋がある。殻口は広く、外唇は丸く湾曲して縁はすこし反り返っている。外唇縁に沿って黒と白のひだ状の畝(うね)が並んでいる。軸唇は黒褐色で、この上に多数の白いひだが並び、しわ状。殻口の内部は橙紅(とうこう)色である。蓋(ふた)は革質で楕円(だえん)形。核は中央より下方に偏っている。軟体部は、ややくすんだ紅色斑が網目状に組み合って配置している。触角には黒色帯がある。
 ホラガイはヒトデ類を好み、毒棘(きょく)をもつオニヒトデも食べる。ホラガイの肉は地方によっては食用にされるばかりでなく、殻は大きく、器や工芸用、観賞用などに利用されるため、多く採取される。わが国の戦国時代の陣貝や、現在でも山伏が用いる法螺(ほら)は、本種の殻の殻頂を切り取り吹き口をつけたものである。このような吹奏用としての用途は、熱帯太平洋でも広くみられ、島嶼(とうしょ)の原住民の間で合図の道具や楽器として利用されてきた。
 本種とよく似たボウシュウボラC. sauliaeは、殻高が本種の半分ぐらいで、房総半島から沖縄まで分布する。軟体のようすもよく似ていて、やはりヒトデ類を好む。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホラガイの関連キーワードツリフネソウ(釣船草)法螺(ほら)ピンクガイ水産工芸品房州法螺インキハワイ巻貝類出世螺貝類