コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホラガイ ホラガイ Charonia tritonis; trumpet shell

2件 の用語解説(ホラガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホラガイ
ホラガイ
Charonia tritonis; trumpet shell

軟体動物門腹足綱フジツガイ科。殻高 40cm,殻径 19cmに達する大型巻貝。殻は卵円錐形,螺塔は高く,体層は大きく丸くふくらむ。殻表には太く低い螺肋があり,その上に紅,白,褐色などの三日月状斑が交互に多数現れ,ヤマドリの羽のような模様になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホラガイ
ほらがい / 法螺貝
trumpet shell
[学]Charonia tritonis

軟体動物門腹足綱フジツガイ科の巻き貝。大形種で、紀伊半島以南の熱帯西太平洋からインド洋にかけて分布し、サンゴ礁の潮間帯下にすむ。殻高は40センチメートルを超え、殻径も19センチメートルに達し、日本では巻き貝中の最大種である。殻は厚く堅く重く、螺層(らそう)は10階以上あり、上方の螺層はやや細いが、体層はとくに大きく丸く膨らむ。螺層上には低くて丸みのある太い螺肋(らろく)があり、その上には褐色、紅色、白色などの半月形の斑紋(はんもん)が交互に現れて、ヤマドリの羽状の文様を表す。ところどころに縦張肋がある。殻口は広く、外唇は丸く湾曲して縁はすこし反り返っている。外唇縁に沿って黒と白のひだ状の畝(うね)が並んでいる。軸唇は黒褐色で、この上に多数の白いひだが並び、しわ状。殻口の内部は橙紅(とうこう)色である。蓋(ふた)は革質で楕円(だえん)形。核は中央より下方に偏っている。軟体部は、ややくすんだ紅色斑が網目状に組み合って配置している。触角には黒色帯がある。
 ホラガイはヒトデ類を好み、毒棘(きょく)をもつオニヒトデも食べる。ホラガイの肉は地方によっては食用にされるばかりでなく、殻は大きく、器や工芸用、観賞用などに利用されるため、多く採取される。わが国の戦国時代の陣貝や、現在でも山伏が用いる法螺(ほら)は、本種の殻の殻頂を切り取り吹き口をつけたものである。このような吹奏用としての用途は、熱帯太平洋でも広くみられ、島嶼(とうしょ)の原住民の間で合図の道具や楽器として利用されてきた。
 本種とよく似たボウシュウボラC. sauliaeは、殻高が本種の半分ぐらいで、房総半島から沖縄まで分布する。軟体のようすもよく似ていて、やはりヒトデ類を好む。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホラガイの関連キーワード多板類頭足類軟体動物有肺類鸚鵡貝後鰓類前鰓類象水母軟体類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone