コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイトホース ホワイトホースWhitehorse

翻訳|Whitehorse

4件 の用語解説(ホワイトホースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホワイトホース
ホワイトホース
Whitehorse

カナダ,ユーコン准州の州都。ユーコン川上流部の早瀬の近くに位置する。毛皮獣の集散地だったが,クロンダイク地方ゴールド・ラッシュ期 (1897~98) に集落ができ,ユーコン川舟運および鉄道の終点として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ホワイトホース(Whitehorse)

カナダ、ユーコン準州南部の都市。同州の州都。20世紀初頭に金の集散地として発展。ユーコン川に面し、アラスカと結ぶ鉄道の起点でもある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ホワイトホース【Whitehorse】

カナダ北西部,ユーコン・テリトリーの州都で最大の都市。人口2万1650(1991)。同州南部,ユーコン川に面する河港をもつ。1897‐98年のクロンダイクでのゴールドラッシュ,1900年アラスカ湾岸のスキャグウェーと結ぶ鉄道開通によって発展した。付近の豊富な鉱物資源の集散地であり,アラスカ・ハイウェーの拠点となっている。1952年に州都となった。【正井 泰夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホワイトホース
ほわいとほーす
Whitehorse

カナダ、ユーコン・テリトリー南部の都市で、州都。ユーコン川左岸に位置する。人口1万9058(2001)。ユーコン川の可航限界点にあり、20世紀初頭のクロンダイク金山全盛期に金の集散地として発展した。第二次世界大戦中にノーマンウェルズからの送油管と大飛行場が建設され、石油の補給基地となる。アラスカと結ぶ鉄道の終点で、アラスカ・ハイウェーも通り、交通の要地でもある。1953年に州都となった。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホワイトホースの関連情報