コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーベルモ ホーベルモ Haavelmo, Trygve

3件 の用語解説(ホーベルモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーベルモ
ホーベルモ
Haavelmo, Trygve

[生]1911.12.13. スケトスモ
[没]1999.7.28. オスロ
ノルウェー計量経済学者。オスロ大学で R.フリッシュに学び,1946年博士号取得,1948~79年オスロ大学教授となる。 1944年に公刊された『計量経済学の確率的接近法』 The Probability Approach in Econometricsにおいて経済測定学独自の分野の基礎を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ホーベルモ【Trygve Haavelmo】

1911‐1999
ノルウェーの経済学者。オスロ大学教授。経済学の理論と実証の両分野にわたる多彩な研究業績をあげている。とりわけ,経済行動の相互依存性とその確率的な関係を,経済理論と近代統計学にもとづいて測定することを中心とした計量経済学の方法論を,一般性をもつ理論として体系化し,今日の計量経済学の理論的基礎を与えた。この貢献は,経済学説史の上からも特記すべきことであった。 個々の経済現象は,それを他の諸現象と切り離して分析することができず,経済行動を統計的に(数量的に)測定しようとすると,ごく限られた特殊な状況における観察結果を利用しないかぎり,ある一方的な偏りを測定結果に生じることを論証し,測定の一般原理を明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホーベルモ
ほーべるも
Trygve Haavelmo
(1911―1999)

ノルウェーの経済学者。スケトスモに生まれる。1933年にオスロ大学を卒業、同大学経済研究所でR・A・K・フリッシュの助手となったが、1939年にアメリカに渡った。第二次世界大戦の戦火が激しくなったため、アメリカに滞在し、ハーバード大学で博士号を取得、シカゴ大学で教職についた。1947年にノルウェーに戻り、1948年オスロ大学教授に就任、1979年に名誉教授となった。
 ホーベルモは、計量経済学を創始したフリッシュの教えを受け、確率論を応用した計量経済モデルを構築した。どのような精密なモデルでも現実の経済発展は複雑な要因がからんでいるため正確なものを表すことはできないとし、統計学の多重共線性(ある関係における原因変数のいくつかが実際になんらかの方法で連係し、ともに上昇したり下降したりする確率)を計量経済学に導入することにより、計量経済モデルの精度を高めた。そのほか、国内の投資の発展に関する研究(1960年発表の『A Study in the Theory of Investment』)でも知られる。ホーベルモは1989年にノーベル経済学賞を受賞したが、その受賞理由は「計量経済学における確率論的アプローチによる方法論的基礎の確立」であった。[金子邦彦]
『山田勇編・訳『計量経済学の確率的接近法』(1955・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホーベルモの関連キーワードノルウェーハッセルセンビルケランオスロ大聖堂カールヨハン通りノルウェー室内管弦楽団ノルウェー放送管弦楽団カールヨハンス通りエイデ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone