ホームスパン(読み)ほーむすぱん(英語表記)homespun

翻訳|homespun

日本大百科全書(ニッポニカ)「ホームスパン」の解説

ホームスパン
ほーむすぱん
homespun

もともと手紡の、繊度の不ぞろいになった太い紡毛を使い、粗く平織手織機で製織縮絨(しゅくじゅう)せずに仕上げた紡毛織物であった。そのため素朴な味があり、多くの人々に愛用されてきた。現在ではこの風合いに似せて、繊度を不ぞろいにし、雅味をもたせて紡いだ太番手の機械紡績糸を使い、力織機で織ったものである。この織物の風合いは、ツイードとよく似ているため、混同されることが多い。というのも、ツイードの場合は斜文(しゃもん)織であるのに対し、ホームスパンは平織であるということが違っているにすぎない。用途は、婦人コート、背広、運動服、室内装飾品などである。

[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ホームスパン」の解説

ホームスパン

毛織物一種。本来はあらい羊毛を手紡ぎした太糸を用いて手織にしたもので,組織は平織が多い。スコットランドが本場で家内工業的につくられた。粗剛で糸節があるが野趣に富み風格がある。堅牢(けんろう)でスポーティーな服,コートなどにする。近年は手織に似せて機械で大量生産される。日本では大正時代に岩手県で作られはじめた。
→関連項目ツイード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ホームスパン」の解説

ホームスパン

〘名〙 (homespun) 手織りの布。特に、手織りのような感触の、太い手つむぎの糸で織った毛織物。あらい平織または斜文織。また、これに類似の織物。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉二八「ホームスパン見た様なざらざらした地合の背広」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ホームスパン」の解説

ホームスパン(homespun)

手紡ぎの太い紡毛糸を用い、手織りにした素朴で野趣のある毛織物。また、これに似せて機械工程によって作った織物。洋服地などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ホームスパン」の解説

ホームスパン【homespun】

〈家庭で紡いだ〉すなわち手紡ぎによる太番手の粗糸,およびこれを用いた織物をいう。手紡ぎ,手織が生み出す独特の風合いと温かみが特色で,通常は平織の毛織物を指す。ホームスパンは製織後,手作業でセッケン水に浸し,たたきながらわずかに縮絨(しゆくじゆう)し,その後棒巻き,湯のしをして形を整え,乾燥を行って仕上げる。布幅は,手織機を使用するので通常はシングル幅(71~74cm)である。ツイードも元来はホームスパンの一種である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android