コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイル油 ボイルゆboiled oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイル油
ボイルゆ
boiled oil

乾性油乾燥剤を加えて加熱し乾燥性を改良した油。加熱温度や乾燥剤などの違いによって各種のボイル油が製造されている。原料は亜麻仁油えの油,麻実油,きり油,大豆油などの乾性油で,ペイント,温床紙,防水布などの製造に利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ボイル油【ボイルゆ】

亜麻仁油などの乾性油に金属酸化物金属セッケンなどのドライヤー(乾燥剤)を加えて製造した油。乾燥性が高く,その油膜は短時間に硬化するので,油性ペイントなどの原料として用いられる。
→関連項目乾性油展色剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボイルゆ【ボイル油 boiled oil】

乾性油または半乾性油に乾燥剤を添加し,空気吹込み,加熱処理を行って,油性塗料用の油脂として乾燥性を高め,乾燥所要時間を短くしたものをいう。乾性油などは不飽和度の高い脂肪酸を多く含み薄膜状にして空気中に置くと乾燥皮膜を生ずるが,乾燥所要時間をさらに早くして実用上便利なものにするためこの処理を行う。使用油脂はアマニ油,荏油(えのあぶら),麻実油,サフラワー油,ダイズ油など。また,乾燥剤としては鉛,マンガン,コバルトなどの酸化物,および金属セッケン,ナフテン酸セッケンなどで,使用量は0.1~0.5%。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ボイルゆ【ボイル油】

亜麻仁油のような乾性油に、マンガンやコバルトなどの酸化物を加え煮沸(ボイル)して製した油。乾燥性が強く、ペンキや油絵の具の溶剤に使われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボイル油
ぼいるゆ
boiled oil

乾性油を加熱しながら空気を吹き込み、乾燥剤を添加して適当な粘度と乾燥性とをもつように酸化させたもの。塗料原料となる。乾性油を薄層にして大気中に放置すれば、乾燥に数日を要する。しかしこれを加工してボイル油にすれば、乾燥時間は数分の1に短縮される。原料油としてはあまに油を単独、あるいは大豆油(ゆ)などを他乾性油と混合して使用する。乾燥剤としては、鉛、コバルト、マンガンなどの酸化物、脂肪酸塩あるいは樹脂酸塩を用いる。原料乾性油を徐々に加熱して130℃になし、油中の水分を除去する。ついで温度を100℃程度に設定し、0.1~0.2%のあまに油脂肪酸マンガンなどを添加し、空気を吹き込む。吹込み時間が短い場合には色調が悪く粘度は低く、長い場合には色調は淡くなるが粘度は適切でなくなる。一般に吹込み時間は10時間程度。不飽和度の高い脂肪酸を含む油ほど色調は悪いが、吹込み空気により酸化漂白され、原料油よりも色調は淡くなる。原料乾性油の酸化により、比重、粘度、酸価は上昇するが、ヨウ素価は低くなる。濾過(ろか)してボイル油製品とする。なお、スタンド油は、原料乾性油を空気を遮断して加熱重合させたものである。[福住一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のボイル油の言及

【乾性油】より

…亜麻仁油などの乾性油にドライヤーを加えて130℃以上に加熱すると,著しく乾燥性が促進される。これをボイル油という。適当に乾燥させたボイル油に顔料を加えて練ったものがペイントである。…

※「ボイル油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボイル油の関連キーワードさび(錆/銹)止め塗料ジンククロメート二酸化マンガントタンペイントビニルペイントオイルステイン錆止め塗料油ペイント油絵の具神東塗料防錆塗料ペンキワニスパティ粘弾性魚油溶剤

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android