コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウイー Gbowee, Leymah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボウイー
Gbowee, Leymah

[生]1972. リベリア
リベリアの平和活動家。フルネーム Leymah Roberta Gbowee。17歳で高等学校を卒業。1989年にリベリアが長い内戦に突入し,翌 1990年に家族とともにモンロビアに移り住んだ。一時ガーナの難民収容所に避難したが帰国し,医療ソーシャルワーカーの養成教育を受け,内戦に徴用された元子供兵士の心的外傷の治療に携わった。その後,女性平和構築ネットワーク WIPNETの指導者としてキリスト教徒とイスラム教徒の女性間の溝を埋めるために尽力した。2002年非人道的なチャールズ・G.テーラー政権に対する女性たちの非暴力抵抗運動の先頭に立ち,2003年には支持者らとともに内戦の終結を強く求めた結果,テーラーとの会見が実現し,戦闘の終結へとつながった。3年後に大統領に就任したエレン・ジョンソン・サーリーフのもとで文民政権が回復するまでの道筋をつくったとして,たびたびその功績がたたえられている。2011年,「女性の安全のため,平和構築活動に女性が参加する権利のために非暴力で闘ってきた」という理由でジョンソン・サーリーフ大統領,イエメンの人権活動家タワックル・カルマンとともにノーベル平和賞を授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボウイーの関連キーワードタワックル カルマンエレン サーリーフ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボウイーの関連情報