コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボボ・ディウラッソ Bobo Dioulasso

世界大百科事典 第2版の解説

ボボ・ディウラッソ【Bobo Dioulasso】

西アフリカの内陸,ブルキナファソ西部の都市。人口30万(1993)。この地方の原住民ボボ族の領域の中心で,首都ワガドゥグコートジボアール港湾都市アビジャンと鉄道や道路で結ばれ,国際空港もある。アビジャンからの鉄道の到達した1934年からワガドゥグまで延長された54年までは,鉄道の終点としてワガドゥグをしのぐ商業都市であった。ラッカセイサイザル麻,ゴマ,牛などの集散地で,ラッカセイ油,砂糖,繰綿,セッケン,煉瓦などの工業がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone