コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボル Bol, Ferdinand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボル
Bol, Ferdinand

[生]1616.6.24. ドルドレヒト
[没]1680.7.24. アムステルダム
オランダの画家。レンブラント高弟であったが,1650年以後師の様式から離れ,優美な様式に向った。聖画ならびに肖像画にすぐれ,銅版画もよくしたが,70年以後は筆を断った。主要作品は『エジプトへの逃避』 (1644) ,『なしを持つ婦人』 (51) ,『リュイテル像』など。

ボル
Bor

北欧神話の神々の祖先。原初に巨牛アウズフムラによって,岩から生み出された最初の神ブリの息子。巨人ボルソルンの娘のベストラを妻にめとって,神々の王オーディンとその兄弟のビリとベの3神をもうけ,アサ神族父祖となったとされる。

ボル
Bolu

トルコ北西部の都市で,同名県の県都。アンカラの北西約 140km,標高 742mの高原に位置する。かつてヒッタイトの版図であったが,前5世紀にビティニア王国となった。 1325年オスマン帝国領となる。トルコ民族の伝説的英雄キョルオウルの故郷とされる。女子師範大学,林業学校があり,皮革製品の製造が行われている。近傍のエスキヒサルには古代ビティニアの廃虚がある。人口6万 600 (1990推計) 。

ボル
Bor

ロシア西部,ニジェゴロド州の都市。州都ニジニーノブゴロドの対岸にあたるボルガ川左岸に位置する河港都市。14世紀から知られ,1938年市となった。造船,港湾・貨物用設備,ガラスなどの工業が発達している。鉄道,フェリーによりニジニーノブゴロドと連絡。人口 6万4500 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボル(Bol)

クロアチア南部、アドリア海に浮かぶブラチ島の町。同国屈指の美しさを誇るズラトニラトという海岸があることで知られ、数多くの観光客が訪れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ボル

ボルシェビキの略。 「アナ--論争」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ボルの関連キーワードクリストフ・フリードリヒ ブルムハルトアナルコ・サンディカリスムC. フォンセーカ・A.クリスティアン ズースメルボルン国際空港日本社会主義同盟ソルミゼーションアナ・ボル論争アナ・ボル論争ボルシスキーボリシェビキ高尾 平兵衛ブルムハルトオ サンウンボルシェビキボルタ[川]アナボル論争ボルトボルズ原 久美子バールラハ

ボルの関連情報