コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボル ボルBol, Ferdinand

6件 の用語解説(ボルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボル
ボル
Bol, Ferdinand

[生]1616.6.24. ドルドレヒト
[没]1680.7.24. アムステルダム
オランダの画家。レンブラントの高弟であったが,1650年以後師の様式から離れ,優美な様式に向った。聖画ならびに肖像画にすぐれ,銅版画もよくしたが,70年以後は筆を断った。主要作品は『エジプトへの逃避』 (1644) ,『なしを持つ婦人』 (51) ,『リュイテル像』など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ボル
ボル
Bor

北欧神話の神々の祖先。原初に巨牛アウズフムラによって,岩から生み出された最初の神ブリの息子。巨人ボルソルンの娘のベストラを妻にめとって,神々の王オーディンとその兄弟のビリとベの3神をもうけ,アサ神族の父祖となったとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ボル
ボル
Bolu

トルコ北西部の都市で,同名県の県都。アンカラの北西約 140km,標高 742mの高原に位置する。かつてヒッタイトの版図であったが,前5世紀にビティニア王国となった。 1325年オスマン帝国領となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ボル
ボル
Bor

ロシア西部,ニジェゴロド州の都市。州都ニジニーノブゴロドの対岸にあたるボルガ川左岸に位置する河港都市。14世紀から知られ,1938年市となった。造船,港湾・貨物用設備,ガラスなどの工業が発達している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ボル

ボルシェビキの略。 「アナ--論争」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ボルの関連キーワード本多正信坂崎直盛後金三条藩高田藩日光東照宮エリザベス朝演劇東北振興有田焼

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボルの関連情報