コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロミーニ Borromini, Francesco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロミーニ
Borromini, Francesco

[生]1599.9.25. ビッソーネ
[没]1667.8.2. ローマ
イタリア盛期バロック時代の最も独創的な建築家。初め石工の修業をし,1620年代後半にローマへ出て C.マデルノ,次いで G.ベルニーニに師事,のちに主任助手となってサン・ピエトロ大聖堂パラッツォ・バルベリーニの建築彫刻を担当。サン・カルロ・アレ・クァトロ・フォンターネ聖堂 (1638~46,ファサードは 1662~67,ローマ) の仕事を機に独立。ファサードの波打つ壁面は小規模ながら流動的で彫刻的効果をもつ。以来典型的なバロック様式を創造。サンティーボ・デラ・サピエンツァ聖堂 (1642~60) では2個の正三角形を組合せた星形を基盤とする独特な建築空間を生んだ。他にオラトリオ・ディ・サン・フィリップ・ネリ (1635~55) ,サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂の内部改修 (1647~50,ラテラノ) ,ナボーナ広場に面するサンタニェーゼ・イン・アゴーネ聖堂 (1653~57) ,18世紀図書館の基本型となったパラッツォ・デラ・サピエンツァのアレクサンドリーネ図書館 (1665~66) がある。彼の革新的な空間概念は中部ヨーロッパに大きな影響を与え,ベルニーニと並び称される巨匠となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボロミーニ【Francesco Borromini】

1599‐1667
ベルニーニと並んでイタリア・バロック盛期を代表する大建築家。ベルニーニと彼は,その生涯,気質から作品の傾向にいたるまでまったく対照的であり,互いに相手を快く思わない同世代のライバルであった。彫刻家でもあるベルニーニはたくみに光をあやつり,その豪奢(ごうしや)な空間に建築,絵画,彫刻を統合したが,ボロミーニは純粋な空間の形態そのものの追求へと向かい,のちにアルプス北方の諸国に大きな影響を与えることになるバロックの新しい形態言語を生み出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ボロミーニ【Francesco Borromini】

1599~1667) イタリアの建築家。複雑な曲面で構成されるバロック様式の代表作、ローマのサン-カルロ-アレ-クァットロ-ファンターネ聖堂、サン-フィリッポ-ネリ修道院などを設計。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボロミーニ
ぼろみーに
Francesco Castelli Borromini
(1599―1667)

イタリア盛期バロックの建築家。建築家ジョバンニ・ドメニコ・カステッリの息子として北イタリアのビッソーネに生まれる。ミラノで石工として出発し、1620年ごろローマに出る。まずマデルナにつき、次に後のライバルとなるベルニーニに学び、サン・ピエトロ大聖堂やパラッツォ・バルベリーニで仕事をする。34年最初の作品であるサン・カルロ・アッレ・クァットロ・フォンターネ聖堂を依頼され、波打ち揺れ動く壁体のファサードや幾何学的図形の格間(ごうま)に装飾された楕円(だえん)形のクーポラなどの革新的デザインは、バロック建築を代表する傑作となる。これに続く主要作品には、サンティーボ・デッラ・サピエンツァ聖堂、サンタニェーゼ聖堂などがある。複雑で流動する曲線を強調する大胆で斬新(ざんしん)な創意は、建築に軽快で絵画的な効果を与えているが、そのためかなりの批判を浴びることにもなった。後世のフランスやドイツの建築に大きな影響を与えている。しかし社会的名声はベルニーニに圧倒され、失意のうち67年8月26日、ローマで自らの命を絶った。[小針由紀隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のボロミーニの言及

【イタリア美術】より

…しかし,本来のバロックは,彫刻家,建築家,都市計画家G.L.ベルニーニのダイナミックで演劇的な芸術様式を指す。同じく建築家F.ボロミーニ,G.グアリーニは,曲線にみちた流動的な空間を創造し,建築の概念を革新した。画家ではピエトロ・ダ・コルトナ,A.ポッツォが,イリュージョニスティックな天井画を描いて信者を天国へと誘った。…

【バロック美術】より

… ローマ・カトリック教会が安定期を迎えるに及んで,教皇ウルバヌス8世(在位1623‐44)の信任をうけた巨匠ベルニーニの登場とともに盛期バロック期に入る。彼は絵画,彫刻,工芸を建築空間の中に総合して幻惑的なバロック空間をデザイン,ローマの改造計画に参画してサン・ピエトロ広場をはじめとする演劇的都市を実現させた(建築家ボロミーニが協力)。彼らに画家ピエトロ・ダ・コルトナが協力して作り上げたバルベリーニ宮殿大広間は盛期バロックの代表作である。…

※「ボロミーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ボロミーニの関連キーワードサンタンドレア・アル・クィリナーレ聖堂サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂サンジョバンニインラテラノ大聖堂ピエトロ・ダ・コルトナセント・ポール大聖堂バルベリーニ宮殿バロック建築バロック美術イタリア美術ライナルディイタリア建築スパーダ宮殿グアリーニ9月25日グァリーニメソニエ