コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリオレフィン polyolefin

大辞林 第三版の解説

ポリオレフィン【polyolefin】

エチレン誘導体の重合体から製造される繊維の総称。ポリエチレンやポリプロピレンなど。包装用フィルムやカーペットの繊維などさまざまな用途がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポリオレフィン【polyolefin】

ポリエチレンポリプロピレンなどのように,一般に1位に二重結合をもつα‐オレフィンの重合で得られる高分子の総称。代表的な汎用高分子である。ポリオレフィンの共重合体として,エチレン・プロピレン共重合体,エチレン・酢酸ビニル共重合体(EVA),アイオノマーionomer(エチレン・アクリル酸共重合体にナトリウムや亜鉛などの金属イオンを作用させて,イオン橋架け構造をもたせたもの),エチレン・ビニルアルコール共重合体,エチレン・塩化ビニル共重合体なども知られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリオレフィン
ぽりおれふぃん
polyolefine

アルケン(一般式CnH2n、オレフィンともいう)の重合体(ポリマー)の一般名。エチレン、プロピレン、ブタジエン、イソプレンなど比較的低分子量のオレフィンあるいはジオレフィンを重合させて得る。1分子中に二重結合を2個もつものをジオレフィンdiolefine、3個もつものをトリエンtriene、4個もつものをテトラエンtetraeneと称する。二重結合が単結合を挟んで2個ある共役二重結合をもったもの、たとえばブタジエンを適当な触媒の存在で重合させると、1,4-ポリブタジエン(ブタジエンゴム)を生成する。
 イソプレンの立体規則性重合で天然ゴムと同じ構造のシス-1,4-ポリイソプレン(イソプレンゴム)も合成されている。これらの化合物を総称してポリオレフィンという。さらにオレフィンとビニルモノマーの共重合物まで含めることもある。いずれも広くプラスチック、合成ゴムなどに利用される。[垣内 弘]
『R. J. Ehrig編著、プラスチックリサイクリング研究会訳『プラスチックリサイクリング――回収から再生まで』(1993・工業調査会) ▽曽我和雄ほか著『重合プロセス技術――ポリオレフィン』(1994・大日本図書) ▽日本化学会・高分子学会編『高分子添加剤の新展開――ポリオレフィンの機能化を中心に』(1998・日刊工業新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポリオレフィンの関連キーワードシクロオクタテトラエン熱可塑性エラストマーフィリップス石油コーティング肥料エンジンオイルオレフィン樹脂ジオレフィンリチウム電池石油化学工業カーペットポリエン溶融紡糸合成繊維バスフ繊維

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android