コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルックス ポルックス Pollux

翻訳|Pollux

5件 の用語解説(ポルックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルックス
ポルックス
Pollux

ふたご座β星 (β-Gem) の固有名。光度 1.15等,スペクトル型 K0の巨星で,最輝星の一つ。距離は 35光年。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ポルックス(〈ラテン〉Pollux)

双子(ふたご)座β(ベータ)星。赤みを帯びた巨星。光度は1.1等で、α(アルファ)星カストルよりも明るい。距離34光年。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ポルックス

ディオスクロイの一人,ポリュデウケスのラテン名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ポルックス【Pollux】

ふたご座のβ星。ポルックス(ポルクス)とは,ギリシア神話のポリュデウケスのラテン名で,カストルの弟の名である。日本では,カストルとポルックスの2星を〈かに目〉〈目玉星〉などと呼んでいた。ポルックスは赤みを帯びた巨星で,ふたご座でもっとも明るい星である。概略位置は赤経7h45m,赤緯+28゜2′。スペクトル型はK0。実視等級は1.1等。距離は35光年。午後9時の南中は3月上旬である。【山田 陽志郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ポルックス【Pollux】

双子ふたご座の β 星。明るさは α 星カストルよりも明るい1.1等。距離34光年。だいだい色の巨星。日本では3月の宵空に天頂近くを通る。
○ ギリシャ神話でゼウスの子。カストルと双子の兄弟。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポルックスの関連キーワードオポルトカストルクルックス管ポルクスルックスアクルックス冬のダイヤモンドドルックスふたご座(双子座)ポルクス石

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポルックスの関連情報