コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルックス Pollux

翻訳|Pollux

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルックス
Pollux

ふたご座β星 (β-Gem) の固有名。光度 1.15等,スペクトル型 K0の巨星で,最輝星の一つ。距離は 35光年。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ポルックス

ディオスクロイの一人,ポリュデウケスのラテン名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポルックス【Pollux】

ふたご座のβ星。ポルックス(ポルクス)とは,ギリシア神話のポリュデウケスのラテン名で,カストルの弟の名である。日本では,カストルとポルックスの2星を〈かに目〉〈目玉星〉などと呼んでいた。ポルックスは赤みを帯びた巨星で,ふたご座でもっとも明るい星である。概略位置は赤経7h45m,赤緯+28゜2′。スペクトル型はK0。実視等級は1.1等。距離は35光年。午後9時の南中は3月上旬である。【山田 陽志郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ポルックス【Pollux】

双子ふたご座の β 星。明るさは α 星カストルよりも明るい1.1等。距離34光年。だいだい色の巨星。日本では3月の宵空に天頂近くを通る。
○ ギリシャ神話でゼウスの子。カストルと双子の兄弟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ポルックスの関連キーワードレウキッポスの娘たちの略奪ポルックス(ふたご座)カストル(ふたご座)ふたご座(双子座)冬のダイヤモンドふたご(双子)座ギリシャ神話ポリデウケスポルクス石冬の大三角アルファふたご座ゼウスベータふたごかに座双子座双子星座

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポルックスの関連情報