ポルックス

世界大百科事典 第2版「ポルックス」の解説

ポルックス【Pollux】

ふたご座のβ星。ポルックス(ポルクス)とは,ギリシア神話のポリュデウケスのラテン名で,カストルの弟の名である。日本では,カストルとポルックスの2星を〈かに目〉〈目玉星〉などと呼んでいた。ポルックスは赤みを帯びた巨星で,ふたご座でもっとも明るい星である。概略位置は赤経7h45m,赤緯+28゜2′。スペクトル型はK0。実視等級は1.1等。距離は35光年。午後9時の南中は3月上旬である。【山田 陽志郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android