コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポート・サイド Port Said

翻訳|Port Said

1件 の用語解説(ポート・サイドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ポート・サイド【Port Said】

エジプト北東部,スエズ運河地中海側の入口にある都市。人口46万(1992)。アラビア語ではブールサイードBūr Sa‘īd。マンザラ湖という塩湖と地中海の間の狭い砂地に,1859年スエズ運河工事に伴い建設された。その名は工事開始当時のエジプト総督(ワーリー)であったサイード・パシャにちなんで名づけられた。それ以前は人口約4000の村にすぎなかったが,69年に運河が開通すると人口が急増した。1925年ポート・サイドが手狭になったので技師たちの住宅用地として対岸にポート・フアードが建設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポート・サイドの関連キーワードエジプト暦シナイ半島スエズ運河ポートサイドエジプト鼠エジプト綿レセップス蘇素スエズ地峡エジプト行進曲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポート・サイドの関連情報