コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マオリ戦争 マオリせんそうMaori Wars

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マオリ戦争
マオリせんそう
Maori Wars

第2次マオリ戦争とも呼ばれる。 1860~72年にニュージーランドマオリ族とヨーロッパ植民者との間に土地売却をめぐって発生した数次の武力紛争。 (1) 第1次タラナキ戦争 (1860~61)   1850年代の大量移住民で植住民地政府は土地を必要としたが,マオリ族は不売を決定した。 59年タラナキ地方の副首長が部族とはからず土地売却を企てたことから武力衝突となり,イギリス軍と民兵は塹壕でマオリ族の砦を包囲。マオリ族は敗れて和を結んだ。 (2) 第2次タラナキ戦争 (63~64)   63年4月総督 G.グレーがタタライマカ地区からマオリを追ったことから勃発,同時にマオリ王運動の中心地ワイカトでも戦端が開かれた。イギリスは砲艦や植民地志願兵を導入,64年4月オラカウ砦が落ちて事実上の終戦となった。 (3) 最終期 (64~72)  戦火は北島全域に広がり,狂信的なハウハウ教団戦士がマオリの主力となった。イギリス政府の意に反して植民地政府は戦争を続行,両者とも戦力を消耗して終息した。北島中西部にマオリ保留地が設けられたが,多くの土地が没収され,マオリ社会は崩壊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マオリせんそう【マオリ戦争】

1860年から72年にかけてニュージーランド北島で,先住民マオリ族と入植者が戦った土地戦争。1840年締結のワイタンギ条約によってニュージーランドはイギリスの植民地となったが,植民地政府の土地政策は入植者とマオリ双方に失望をもたらした。入植者は土地購入権をもつのが政府であるため常に土地の不足を訴え,マオリは政府の買上価格の低さに不満をもった。グレイ総督は農業の振興や伝道活動をマオリ対策にとりいれたが土地の測量などをめぐり殺戮や小競合いが繰り返されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマオリ戦争の言及

【ニュージーランド】より

…マオリ系は,パケハpakeha(白人たち)が伝来の土地を農場や牧場に変えていくのに反発,北島ワイカト地区の大首長を58年〈マオリ王〉に選び,部族連合で白人の土地買収に歯止めをかけようとした。60年北島南部のタラナキで首長キンギWiremu Kingi(1795‐1882)以下のマオリ戦士1500人と,イギリス軍,植民地軍,志願兵3000人が土地売買をめぐって衝突し,これをきっかけにマオリ戦争が北島全域に広がった。戦闘は72年まで散発的に続き,マオリ王は81年までもちこたえた。…

※「マオリ戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マオリ戦争の関連キーワードオセアニア史(年表)ニュージーランド史ヘースティングズアイランズ湾戦争ロビンズパークニュープリマスワンガヌイキンギ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android